FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ドキドキプリキュア」も1/26でついに最終回・・・
ホント名残惜しいものです。
最近のアニメは、三か月、長くても半年で最終回を迎えるものが多いから
一年間丸々続くアニメも最近では珍しいから、
一年間見続けていると、ホント、「思い入れ」はありますよね。

ま、だけど2/2より「ハピネスチャージ」が始まると、そちらにばかり目が行きそうですね・・・(笑)

「ドキドキ」も色々な名シーンがありましたね。
このブログでも2回ほど取り上げましたけど、やはり、
キュアソードの「こころをこめて」の歌の回は、ドキドキの中ではNO.1という感じですし、
プリキュアシリーズの中でも自分としては10本の中に入る神回だと思っています。

キュアダイヤモンドは、私としては、焼きもち六花の第10話を推したいですね・・・(笑)
この回はすごい・・・
真琴回なのに、六花さんが完璧に主役・・・
「焼きもちを妬くプリキュア」も非常に面白いし、何よりもこの回の影の主役は、
あまりにも大人っぼい対応のありすですね。
だけど、もしも応援団長が出没しなかったら、マジに
六花が「真琴に焼きもちを妬くジコチュー」になっていたかもしれませんよね・・・

キュアハートは、第21話のレジーナを蟹ばさみする回も素晴らしいけど、
自分としては、31話のラブリーパット登場の回かな。マナが珍しく大泣きするけど、
すぐに立ち直る心の強さ、そして大貝町が崩壊する事とトランプ王国の崩壊を照合させることで
初めてソードの気持ちを心から理解できたマナの心意気は極めて印象的でした。

キュアエースは、23話の「プリキュア5つの誓い」の回ですね。
第一話から既に聡明なマナ達に更なる成長を求めさせるには、外部からの上からの刺激が必要不可欠・・・
そんな中でのエース登場でしたので、物語の引締めという観点からもエースの登場は極めて妥当でしたし、
登場時の、エースがマナのラビースを剥奪するシーンは、まさに衝撃でした。

ま、色々ありますけど、
とにかく最終回は、気持ちよく大団円を迎えたいものですね。

関係ないですけど、
前作「スマイル」の場合は、個人的には
印象が強い回は、
①一番たいせつなものは(プリンセスフォーム登場の一つ前の回、5人の手を重ねるシーンが素晴らしい!!)
②なおのリレーの回 ③ハッピーロボの回
ですね・・・







ところで、第8代目プリキュアであるマナ達があまりにも優秀&聡明なので
後を受け継ぐ第9代目の「ハピネスチャージプリキュア」達は何か大変そうですね・・
やはり前任者があまりにも優秀過ぎると
後任は結構大変・・・
マナ達にとっては、前任が「スマイルプリキュア」のマヌケプリキュアばかりでしたから、
最初からというか、第一話の時点で
既にみゆき達を超えている感じでしたけどね・・・(笑)

でもこれって自分も何か覚えがあるな・・・

昔、金融機関にいた頃、
大体2~3年で異動になる事が多いのですけど、
前任者から引き継ぎを受ける際、
前任者がクレームとかトラブルが多かったり、業績が悪かったり、
担当エリアの顧客からの評判が悪いと、
逆に後任者はすごい楽なんですよね。
だって元々評判が悪いのだから、少し頑張って努力して業績を上げ、評判を高めると
自分の評価がすぐにうなぎのぼりでしたからね・・・
逆に前任者があまりにも優秀で評判が良すぎると
後任者は結構大変・・・
だって何をやってもすぐ優秀な前任者と比較されてしまいますから・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

プリキュア論

いつも愚僧のブログご訪問有難うございます。

愚僧はプリキュア見たいけど嫁や息子の手前見られないので非常につらい思いをしています。録画しても他のアニメをついつい見てプリキュアは後回しとか。

今日で最終回とかで友人のプリキュア好きも感想をTwitterで上げてましたが、次回作はなんとか録画して見ていく方向で・・・。

またのご訪問をお待ちしております。後勝手にLINKさせて頂きました。ご不快なら御連絡頂ければ外しますゆえよしなに。

Re: プリキュア論

キノコたん様

コメントありがとうございました。
私も「プリキュア」は大好きなのですが、なぜ私がプリキュアにはまってしまったかというと
うちの妻が「プリキュアいいよー、面白いよー」とかいって
引っ張り込まれたのがきっかけです。
だからプリキュア見ていても全然文句言われないのは助かりますね・・・(笑)

リンクの件は、こちらこそありがとうございます。
私も後ほどリンクさせて頂きますので宜しくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/995-ea8fb287
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |