FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ドキドキプリキュア」もいよいよ後一回で最終回、ついに大団円となります。
うーーん、一年間見続けた者としては、終わってしまうと寂しいものがあるのですが、
一週間後には、新しいプリキュアが開始されますので、
始まってしまうと、
「うーん、今度のプリキュアは・・・」とか
「キュアラブリーが可愛い」などが始まってしまい、
「ドキドキプリキュア」は歴代プリキュアと共に、「過去の伝説」になってしまうのですよね・・・(笑)

それにしても1/19の「ドキドキ」は
これで最終回で良いとさえ感じる程完成度&完結度が高く、大体の諸問題や謎要素は
解決したという感じですね。
あの残るは、最終的にアン王女がどうなるかという事だけ・・・
もしも本当にアン王女の形としては消滅してしまうと、
最終的に「ドキドキ」で一番貧乏くじを引かされたのは、婚約者のジョー岡田だけという事に
なるのかもしれませんよね・・・(笑)

それにしても感じることは、マナが第一話から今回まで
全くぶれない意志の強さ・・・
「ドキドキ」は誰しもがそう感じていると思いますが、
第一話から既に、童話「幸せの王子」が全体の主要テーマとして終始一貫して貫かれていると
思います。
童話の中では、
街に住む困った人たちに色々と施しをしている内に、銅像の王子は自らの体を全てボロボロにし、朽ち果てて
最後は鉛の心臓だけになってしまうというある意味残酷な話となっているのですけど、
「ドキドキ」の世界では、
第一話から既に六花さんがマナの中にそうした「幸せの王子」の影を感じ取り、
色々と忠告する事から始まっています。
それに対するマナの回答・立ち位置は、振り返ってみると
第一話から最終回近くまで全くぶれていないのですよね。
「他人へのおせっかいというか世話焼きは楽しいし、困っている人に何かをしてあげるのに理由なんて
いらないでしょう」という事から始まり、
「自分一人頑張ってもダメ、周りの人たちもそれに触発されて自らも努力しないとダメ」とか
「幸せの王子に感化される人も必ず出てくるはず。他人から親切を受けた人は、別の場所と時間で
 別の他人の役に立とうと思うはず。それが人と人との和につながるはず」
という事に進化していきます。

それが物語の最重要人物の一人、レジーナに対する姿勢にも繋がっていると
思うのです。
結局マナはレジーナに対する信頼を一度も疑ったことはなかった・・・
それが最終的に、レジーナ・国王の目覚めを呼び込んだという事なのでしょうね。

それにしても1/19の「ドキドキ」はハートも勿論そうなのですけど、
ロゼッタ・ダイヤモンド・ソード・エース・レジーナ、
全員格好良かったですね。
ま、バルーン状態になったランスがキングジコチューと戦うというおまけまで付きましたけど・・・

やはりそんな中、
自らを氷の中に閉じ込めてまでマナを守ろうとした六花さんは
まさしく「幸せの王子のパートナーのツバメ」そのものですね・・・


蜈ュ闃ア_convert_20140121191507

今回のラスト近くまでは、
「あれ、戦闘モードはこれで終わりかな・・後残り一回の最終回は
スイートの時と同じように一話丸々エピソードして使うのかな」とも思っていましたが、
最後に一人伏兵(?)がいましたね・・・

ではでは、最終回は全員一丸となって
ベールをフルボコにして頂きましょうか・・・(笑)

最後は、欲を言うと、イーラと六花さんにも何かしらの見せ場が欲しいものですね。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/991-ed645602
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |