FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね、まず初めにお断りしておきますが、なぜ自分がこんな古い時代のコンクールの演奏を
知っているかと言うと、
以下の三つの要因があると思います。
というか、1979年というと、私は中学2年でしたね・・・

①高校時代の部室には、古いレコードが一杯置いてあった。

私、高校は田舎の県立の男子校なのですけど、当時吹奏楽部の部室には、
「日本の吹奏楽」シリーズ、しかも1970年からのレコードが置いてありましたね。
他にも色々なクラシック音楽のレコードとか、河合奈保子とか松田聖子とか色々なアイドル系レコードとか
ホント無造作に置かれていましたね・・・
これ、別に学校とか部で保管してあるものではなく、各部員が適当に自宅からレコードなんかを持ち寄り
置いてあったものなのです。
自由にレンタル出来たのですけど、これって別に貸出帳がある訳ではなく、
暗黙のルールで「一度借りたら5日以内に返却する」という極めてファジーな感じでした。
だけど素晴らしい事に「部に置いてあったレコードが紛失した」という話は、少なくとも私が在籍中は
一度も無かったから、そのあたりはすごいですね・・・
でもこのおかげで、高校時代に吹奏楽の過去のコンクール演奏とか
クラシック音楽にふれるきっかけにはなったと思います。

②高校時代の友人にすごい奴がいた。

私の同期に一人吹奏楽に関してすごい奴がいまして、
当時の吹奏楽コンクールのレコードは、確か1977年までは金賞受賞団体しか収録されませんでしたし、
一般・大学・職場の部に至っては、1987年までは金賞受賞団体しか収録されていませんでした。
課題曲がレコードとして収録されることも少なかったです。
当時、大阪の「日本ワールドレコード社」とか世田谷の「トラヤ」という会社なのですけど、
吹奏楽コンクールの実況アナウンス・課題曲・自由曲・拍手まで完全に収録されたものを
一団体800円~1200円程度で、カスタム製作という事で、好きな演奏団体を年度に関係なく
テープに収めて貰うというサービスがあったのです。
そのカスタムテープをそいつが異常に収集しまくり、
そいつに、平成の初期の頃辺りまで
「〇〇年の〇〇というチームのテープをダビングして」と頼めば
結構気軽にホイホイダビングしてくれましたので、
色々な演奏団体の課題曲・自由曲を聴く事が出来ました。

③上野の東京文化会館五階の音楽資料室

これは現在でも存在しています。
古今東西のクラシック音楽・吹奏楽のレコード・CDがほぼ完璧に備えられていて、
自分なんか、貧乏大学生の頃、よくここに通っては
無料で様々なクラシック音楽を聴いていましたね。
混雑すると一人3枚までという制約があるのですが、平日はまずそんな制約もなく
朝の開館時間から夜の閉館時間までずっと音楽を聴いていた時もあります。
そして、そのまま夜の19時からの東京文化会館でのクラシック演奏会を当時の学生価格1000円程度で
聴いたことも何度かあります。
現在では、そんな体力無いからまず無理だけど・・・

昔からそうなのですけど、一つの事が好きになると
とことん掘り下げてみる傾向があるのですよね・・・
だから、吹奏楽とクラシック音楽は、人並み以上には色々と語れるようになったのかなーと
思います。
最近では、それが「プリキュア」なのかな・・・(笑)


〇市立川口

 B/二つの交響的断章

 市立川口の1979年の素晴らしい名演は、ここのブログでも過去にしつこいくらい何度か書いていますので
 ここではあまり書きませんが、
 やはり強烈なインパクトのある切れ味鋭いウルトラ名演ですよね。
 私は埼玉県川口市在住なのですけど、
 1980年代の市立川口高校の数々の素晴らしい名演
 (特にこの二つの交響的断章と「無言の変革」シリーズ、名取吾郎シリーズ)に感銘を受けた人も多いと
 思いますし、私自身、この市立川口の演奏に魅了&影響を相当受けていますし、
 それが一つのきっかけなのかもしれませんけど、
 仙台の高校時代から
 「いつかは川口市に住んでみたい・・・」と思っていたら
 その数十年後に本当に住む羽目になってしまいましたけど・・・
 (ホント、偶然なのですけど、うちの奥様が川口市の生まれと育ちなものでして・・・)
 だけど当時の市立川口はホント、凄かったですよね・・・
 当時吹奏楽の全国大会の出場チームのステージ衣装はほぼ例外なく学校の制服というか、
 男子は学ラン、女子はセーラー服かブレザーという中、
 このチームは、赤ブレザーに赤のズボン・スカートという当時としては斬新なステージ衣装でしたし、
 広い普門館のステージが狭く感じるほど、
 打楽器を数多くセッティングし、ハープとか法螺貝とか、コンサートチャイムとは別に本物の「鐘」を
 持ち込んだり、
 視覚的にも大変インパクトはありました。
 そして演奏が素晴らしかったですね。
 1979年の課題曲は「プレリュード」といって
 恐らくコンクール史上初の「無調的色彩」の強い現代音楽系の曲だったのですが、
 出だしのティンパニーソロをはじめ、緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったし、
 後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動
 文句のつけようがない演奏でした。
 しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ・・・
 そんなハンディーを全く感じさせない演奏でしたね。
 自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」はまさに圧巻の一言!!!!!
出だしが、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
 執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この緊張感が絶品です。
 アルトサックスのソロも素晴らしいし、それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力も
 お見事に一言に尽きます。
 後半のティンパニーソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
 トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと
 思います。
 自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的です。
 自由曲は、原曲は17分程度の長いものなのですけど、
 市立川口は5分30秒程度にコンパクトに収めてしまいましたので、
 「もう少し長く演奏しても良かったのでは・・・? せめてこの翌年の東海大学第一高校くらいの長さは
 欲しかった」とも言えなくはないのですけど、
 指揮者の信国先生は、
 「音楽的緊張感」を優先に考え、このカット方法にしたのかもしれませんよね。

 だけど、この1979年の市立川口の演奏は、色々な意味で私の「バイブル」なのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/990-ce25fbfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |