FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/19に仕事から家に戻って、録画しておいた「ドキドキプリキュア」を見た後
何気なくテレビのチャンネルを廻していると
プロコフィエフの交響曲第五番が流れてきました。
Eテレの「NHK交響楽団」の最近の定期演奏会の模様を放送したものでしたけど
やはりプロコフィエフはいいですね。
特にこの交響曲、ホント好きなもので思わず終楽章まで聴いてしまいました。
(終楽章は少しテンポが速すぎたような気もします・・・)

プロコフィエフの交響曲第五番は、霊感に満ち溢れ、
非常にすっきりとした作品です。
だけどこの作曲家が遡る事、20年ほど前に作曲した交響曲第二番とか第三番を聴くと
「本当にこの2~3番と5番を作曲した人は同一人物なの・・?」と誤解してしまうほど
受ける印象は相当異なります。
交響曲第二番とか第三番は、一言で言うと、「悪趣味全開」な曲・・・
2番は冒頭から耳をつんざく不協和音と強奏の連続だし、
3番は、歌劇「炎の天使」というカトリック教会から演奏禁止処分を食らったほど
内容的にオカルトめいたグロテスクな題材から構成されただけあって
過激で危険な香りがプンプン漂う交響曲です。
こうした2曲から一体どうすれば
交響曲第五番という突然何の脈絡もなくステップアップした曲が生まれるのか
ホント不思議でたまりません・・・

だけどプロコフィエフが交響曲第二番を創り上げている頃に生み出されたのが
この交響組曲「三つのオレンジへの恋」なのです。
この組曲は、元々歌劇「三つのオレンジへの恋」の中から
演奏会用組曲として構成されたのですけど、
この組曲、Ⅲ.マーチのように明るく楽しく分かり易い部分があったり、
Ⅱ.地獄の場面のように交響曲第三番のグロテスクな世界を既に予感させるような部分があったり、
Ⅴ.王子と王女のように、後のバレエ音楽「シンデレラ」を想起させるようにリリカルで美しい部分が
あったりとかなりバラエティーに富んでいて飽きない組曲だと思います。
実際、日本のオケでも、Ⅲ.マーチは、よく演奏会のアンコールとしても
演奏されています。

この「三つのオレンジへの恋」ですけど、ストーリーは要約すると
以下の感じになります。

魔女の呪いによって
笑う事を忘れ無表情になってしまい、同時にオレンジに恋をしてしまう病も発症してしまった・・
その王子を救うには、オレンジから生み出される王女と恋に陥るしかない・・・
そして従者と共に旅に出て、
途中二つのオレンジは得るもののそこから出てきた二人の王女は失ってしまう。
だけどやっと三番目のオレンジを発見し、そこから出てきた王女と無事に結ばれ
王子はやっと笑顔も取り戻す・・・

確かこんな感じの話だったと思います。
(うろ覚えなので多少は違っているかも・・)

話は全然違うのですけど、
最近見たアニメで「変態王子と笑わない猫」というのがありました。
この場合の猫というのは、主人公の筒隠月子を指すのですけど、
最初このアニメのタイトルを見た時、
「あれ、プロコフィエフの三つのオレンジへの恋みたいな感じなのかな・・」とも思いましたが、
こちらはプロコフィエフと異なり、
女の子の方が、神社の猫像によって、本音と言うか表情を全て奪われ、笑わなくなり、
同様に猫像に「心の中の建前」を奪われた主人公の横寺陽人と一緒に、
それぞれが失ったものを取り戻していくというストーリーでした。


51WPEyWD_convert_20140120193136.jpg


あ、何か全然プロコと関係ありませんね・・・(笑)

交響組曲「三つのオレンジへの恋」は以下の六曲から構成されます。

Ⅰ.道化師

Ⅱ.地獄の場面

Ⅲ.マーチ

Ⅳ.スケルツォ

Ⅴ.王子と王女

Ⅵ.逃走

Ⅱの地獄の場面が圧巻ですね。金管楽器のつんざくような咆哮が印象的ですし、
少しグロテスクなものは感じます。
Ⅲのマーチは、短い曲なのですけど非常に楽しいです。
Ⅴの王子と王女は、抒情性豊かな曲で、しんみりとさせられます。
何か感覚としては、シンデレラの「おとぎ話の終わり」とか
ロメオとジュリエットの「別れを惜しむロメオとジュリエット」とか「ジュリエットの墓の前のロメオ」
みたいな雰囲気があります。

この曲意外と生で全曲聴く機会が少ないのですけど
CDで聴く場合、
ネーメ=ヤルヴィのスコットランド国立管弦楽団が
ドライさと抒情さがうまく融合され、素晴らしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/987-02d36662
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |