FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の課題曲Ⅲ/饗応夫人は、太宰治の小説を作曲者の田村氏が
音楽として表現したものです。
この小説自体すごく短いものでしたので、図書館で立ち読みしても10分程度で読み終わる事が
出来たと思います。
私、あんまり太宰さんの小説は読まないのですけど、
この「饗応夫人」は、一言で言うと何が言いたいのかよく分からない感じ・・
戦後間もない頃、頼まれると嫌と言えない奥様をその家の女中さんの視点から描いた話なのですけど、
奥ゆかしさでもないし、何か気恥ずかしさでもないし、
「困っちゃたな・・・」みたいな感じと言うか、
ま、とにかく読んでみても自分個人としては、あまり具体的なイメージと言うか
具体的な感想が思い浮かばない短編小説なんですよね。
そうした小説を、田村氏はどのように感じたのかは正直よく分かりませんが
「自分が感じた事を音楽にする」という事で
あの画題曲Ⅲを書いたとすると、
何か凄い感性と言うか、
あのよく分からない短編小説をここまで抽象的な音楽として生み出す
人間の無限の創造力に当時はすごく感心したものです。
ま、だけど奏者にとってはたまったものではありませんけどね・・・
一度この課題曲のクラリネットのパート譜を見た事があるのですけど、
一言で言うと、
「自分には演奏不可能・・・」


〇秋田南

 Ⅲ/竹取物語

 いやー、このチームの普門館復活は嬉しかったですね。
 1988年の出場以来でしたから、実に6年ぶりでしたね。
 しかも指揮者は、花輪高校で数々の名演&珍演(?)を世に送り出した小林区久仁郎先生が
 異動により、花輪から秋田南に赴任されてきたのですから、
 何か当時は感動しましたね・・・
 だけど逆に言うと、小林先生が去った後の花輪は、あれから一度も全国はおろか東北大会に出場する
 機会も減ったようですので、何か寂しい感じはします。
 秋田南は、1990年~92年の三年間は何と東北大会にすら進めず県大会どまりという
 大変な時代に入っていましたが、
 93年に小林先生が赴任するや否や、「ダフニスとクロエ」で東北大会に復帰し
 翌年には全国への切符を手に入れるのですから、
 さすがとしか言いようがないですね。
 高橋紘一先生の頃から、秋田南サウンドはトランペットの音が硬いという印象はありましたが、
 それは小林先生になっても似たような傾向というのは何か面白い感じはしました。
 課題曲Ⅲは、さすがにこういう曲を降らせると小林先生は本領を発揮されますね。
 聴いていて安心感がありますし、まさに小林ワールドを普門館でも聴かせてくれました。
 自由曲の三善晃の「竹取物語」は、元々シンセサイザー・ピアノ・打楽器のためのバレエ音楽なのですけど、
 これを交響組曲第二番「GR」でお馴染みの秋田南のOBでもある天野正道氏が
 吹奏楽用に編曲し、
 吹奏楽版として初演という事になったと思います。
 この曲、当時初めて聴いたけど面白い!!!
出だしのフルート等の装飾音が既に「月界の世界」のような雰囲気十分・・・
 コンクール用としてカット版だと思うのですが、
 何となく大事な部分とかが色々と省力されているような印象もあり、
 アルトサックス⇒ソプラノサックスの狂気みたいなソロが終わった後に唐突に曲が終わったような
 感じもあり、その点は残念なのですけど、
 秋田南の復活をアピールするには十分すぎる演奏でした。


〇埼玉栄

 Ⅲ/スペイン狂詩曲~祭り

 この年のグランプリチームを選べと言われれば、
 関東一高のカンタベリーコラール・福岡工大の朝鮮民謡の主題による変奏曲、
 常総のローマの噴水、札幌白石のライモンダ、そしてこの埼玉栄あたりだと思うのですが
 自分としては、関東一高&埼玉栄のダブル受賞でも良いのかなと思っています。
 その位両校の演奏には素晴らしいものがあり、胸を打たれるものがありました。
 埼玉栄のサウンドってなんであんなに洗練されているのでしょう・・・
 一体普段どういう練習をしたらあんな素晴らしい音が出せるのか
 不思議で仕方ありません。
 特にスペイン狂詩曲が圧巻でした!!!
このチームは、この大会の最後のプログラム順でしたけど
 まさしく「トリ」を飾るのに相応しい演奏でした。
 特にコールアングレのあのだるい雰囲気のソロは、高校生のレベルを完全に超えているような
 気もしました。
 「優しさも甘美さも厳しさも喜怒哀楽も音色から生まれる」とは、
 自分の現役時代よく指揮者から言われた言葉ですけど、
 まさしくそれを実証した演奏が埼玉栄の名演だったと思います。
 課題曲Ⅲのファゴット等のソロもグランプリレベルだと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/985-9b62fb61
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |