FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてなのですけど、

なぜこんなに古い時代の吹奏楽コンクールの感想を今更グダグダ書いているかと言うと・・・

ま、一言で言うと、自分の記憶・印象がまだ比較的強く残っている間に
何か記録として残しておきたいという思いがあるからです。
自分自身昨年は四回目の年男でしたけど、何か年々記憶力が落ちてきていることが何か腑に落ちないのです。
勿論、仕事とか日時生活に差し障りが出るとか、さすがにそういう深刻なレベルではないのですけど、
若い頃に比べて、感激性とか感受性とか記憶力が低下している事は
さすがに自分自身気が付いています・・・

よく人によっては、
「自分の昔の話は自分の胸にだけしまっておきたい」という方もいらっしやいますし、
それは当たり前の事だと思います。
別に他人に自慢したい訳じゃないけど、
10代から40代の現在に感じた事とか趣味の話を
「忘備録」みたいな記録に残してもいいんじゃないかと思い始めたのが
実はこのブログを始めるきっかけでした。
ま、自分自身が自分自身に
「今の自分も大切だけど、昔の自分も忘れないでね・・・」というメッセージを託したのが
このブログ、特に「吹奏楽」カテゴリだと思うのです。

1994年当時は、まだ携帯電話もパソコンも普及していない時代でした。
当時というか、1986年~96年当時、自分なんかは
当時聴いた吹奏楽コンクールの支部大会・全国大会の感想は、
手紙とかワープロという形で
愛知県に住む自分の友達に送りつけていたものですが、
彼がここ1年ほど音信不通状態なのです。
(まだ未婚者だから、意外と自宅で孤独死していたりして・・・??)
希望としては、当時の自分のこうした「感想」なんかを改めて読み返したいなーという気持ちは
ありますね。
当時と現在の感覚のズレとか記憶違いとかを
感じてみたい気持ちはあったりもします。


〇淀川工業

 Ⅳ/教会のステンドグラス

 あれあれ、この年は一体どうしちゃつたのでしょうかね・・・
 課題曲冒頭のトランペットソロからいきなり外すし、
 何か精彩に欠く課題曲でした。
 プログラム前半でもないし、会場の空気が冷え切っているという訳ではないのですけど、
 何かのらない感じでした・・・
 課題曲でそう感じていたら、自由曲も大体同じような傾向・・・
 音量は鳴っているのだけど、何か音が空虚に普門館の空間を彷徨っているような
 感じでした。
 ま、音楽は生き物ですから、上手くいく時もありますし、
 不調のまま最後まで修正が出来ず、不本意な時もありますので、
 名門・淀川工業にもこういう事もあるものなのですよね。
 2013年時点で、
 この年が最後の銀賞の年で
 それ以降は出場すれば全て金賞
 だけど、
 この年の「協会のステンドグラス」以降の自由曲は全て
 「大阪俗謡による幻想曲」・「ダフニスとクロエ」・「スペイン狂詩曲」の三曲の交互のたらい回し
 だから、当然なのかもしれませんけど、
 もう少し「新しい事」に挑戦して欲しいし、
 それが出来るチームだからこそ何か惜しい感じはしますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/983-67401cbc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |