FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてですけど、1/12の「ドキドキ」は素晴らしい回でしたね。
既に最終決戦モード全開で、恐らく次回で大体は決着するような感じもします。
1/26の最終回は、戦いというよりは「エピソード」とか「回顧」みたいな感じにも
なりそうな気はします。
前作「スマイル」の最終決戦は、バッドエンドプリキュアあたりまでは非常に面白かったのに
最終回そのものは、何か涙・涙・涙で終わってしまい、
あれ、「スマイル」というタイトルなのにこれでいいのかな・・と少し違和感があっただけに
今回は最後はすっきりとハッピーにフィナーレを迎えて欲しいなーと思います。

1/12の回は、よーく見てみると
シャルル達妖精は一度も出番がありませんでしたし、アイちゃんも未登場・・・
最終決戦時にパートナーの出番無しとは珍しい展開・・・
ジョー岡田は気の毒な事に既に用済という感じですね・・・
でもこの人、ホントにアン王女が消滅してしまったら
トランプ王国は崩壊するわ、婚約者はいなくなるわで
何か一人だけ外れクジを引いた感じはしますね・・・(笑)

「ドキドキプリキュア」は意外と扱っているテーマが難しく
決して娯楽的だけなアニメではなかったと思います。
ま、確かに色々なテーマを内在していたけど、
自分なりには、
1.マナの「幸せの王子」問題
(他人への奉仕だけに明け暮れた挙句、自分の心と体をボロボロにしていないか・・・
 結果的に奉仕をされた人たちにそうした真意は伝わっているのか・・)

2.敵とは友達になれないのか・・

という問題が大きかったような気がします。

だけど今回の「ドキドキ」はマナ達主人公が全員聡明という事もあり
これまでの過程の中で上記のテーマも大体クリアされていたのですけど、
今回の1/12の回で、きちんと方向性が明示されていたのは
すごいと感じました。
1に関しては、
マナ達と関わってきた多くの脇役とかゲストキャラが
きちんと困っている人達に手を差し伸べた事で方向性が最終的に示唆されていると思います。
結果的にマナのおせっかいが、巡り巡って「人と人との和」に
繋がっていったのだと思います。
2に関しては、難しい問いなのですけど、
「ドキドキ」では終始一貫してマナがレジーナを「信用」していた事がポイントなのかな・・・
最終的にマナは一度もぶれていなかった・・・
敵の「キングジコチュー」の娘であるレジーナに対しても
終始「対話と信頼関係」を呼び掛ける事で
レジーナの心を溶解していった・・・
確かに世の中に「紛争」・「恨みつらみ」は充満しているのだけど
これも相手への揺らぎない信用と長期に渡る対話で、
完璧ではないにせよ、ある程度は試してみる価値はあるという感じなのでしょうね・・・







今回興味深かったのは、
マナ以外のメンバー、特に六花さんと真琴が
各々の過去の苦い反省を踏まえて
(六花→焼きもち 真琴→レジーナを当初敵として認識し心を開かなかった・・)
成長の証を見せている点ですね・・・
この辺りは見ていて何かとてもジーンとくる感じでした・・・

最終的に気になるのは、
六花とイーラがどうなるのか・・・
アン王女は本当に消滅するのか・・・(レジーナはまさか消えませんよね・・・?)
だけど「ドキドキ」のグランドフィナーレまで
残り2回!!
とにかく心して楽しみにしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

脚本の山口氏は、「幸福な王子こそ最大のジコチューである」「だからジコチューでも同時に他人を愛することができるんだよ」という逆説のもとに愛と自己中を和解させる腹づもりだったのではないかと考えています。

まあ、明日の放送がどうなるかはわかりませんが……。

Re: タイトルなし

ポール・ブリッツ様

そうですね、確かに一理あるのかもしれません。
要は、「善と呼ばれるものにも悪の心はあり、悪またはジコチューと呼ばれるものにも
善は存在する」という感じなのでしょうね。
自己中と言うのは、自己愛と表裏一体の関係で、
そのコントロールが「理性」とか「人とのつながり」なのかもしれませんよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/980-419510ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |