FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1994年大会は、95年以降は関東が西と東に分離してしまうので、「関東代表」という名称が
使用された最後の大会となってしまいます。
小学校から中学の社会とか地理の時間では、
確か「関東」というと、東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬と教わったような記憶があり、
そのせいか、1994年までの「全日本吹奏楽コンクール関東大会」の構成県は
(人口と学校数がけた違いに東京都は別とするのは当然でしょうね・・)
埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬・新潟・山梨の8県というのは何か少し「ヘンな」感じも
ありました。

当時も現在も何となくですけど
「えー、何で山梨と新潟が関東ブロックなの・・・」と不思議に感じることもあります。
ま、もっとも吹奏楽の世界では格段にレベルが高い西関東において、新潟と山梨がブロック全体の
足を引っ張っている感じは否定できないのとも少し関連があるのかもしれないけど、
何か腑に落ちないするのですよね・・・

そう言えば「東海大会」に長野県が入っているのも何か少し不思議な気もします。

どうなんでしょうかね、
例えば北陸三県に、山梨・長野・新潟の甲信越を加えて
「北陸甲信越ブロック」という方が何かしっくりくるような気もするのですけど・・・

ま、それはどうでもいい事なのですけど、
何で「山梨は関東に非ず」という事にこだわるかと言うと、
実際に1990年~95年の6年近く、山梨県に在住し、
その後進性・閉鎖的人間関係・田舎っぽさに嫌気が指していたからというのが
大きいのかな・・・
山梨県は、日本の首都、東京都の隣に位置する県なのですけど、
とても東京都の隣接とは思えないほど
田舎というか、遅れているというか、閉ざされているというのか、よそ者には住みにくい街という
イメージは今でも強いですね・・・
ま、勿論良い所は一杯あり、自分自身、
山梨の気持ちの良い多くの人達には感謝している面は多々あるのですけど、
どうも全体的な印象は、正直マイナス面の方が大きいですね・・・

21世紀の現在でも、山梨には「無尽」とか「頼母子講」みたいな前近代的な金融システムは存在
しているのかな・・・
1990年に山梨に異動で来た時、
いまだに江戸時代の名残のこうした「無尽」システムが存在している事に
最初は面食らったものです・・・
ま、今では金銭面の助け合い・融通仕合というよりは、
飲み食い仲間という意味合いの方が大きいのかな・・・
それにしても、あの無尽という組織は、当時ある地方銀行の営業担当で、他県からきたよそ者の自分には
正直やっかいだったし、
「ホントに、ここは首都圏なのかよ・・・」という感じでしたけどね・・・



〇関東第一

 Ⅲ/カンタベリーコラール

 これは本当に歴史に残る素晴らしい名演だと思います。
 この演奏を直接生で聴けたことは、今でも自分の「かけがえのない財産」だと思っていますし、
 とにかく言葉では言い表せない感動的な演奏でした。
 指揮者の塩谷先生は、昨年逝去されたのですけど、
 初出場の1983年以来、
 「関東一高は、出場すれば銅賞」「毎年毎年ひどい演奏ばかり聴かせる」
 「レベルがあまりにも低い」とか色々言われる時期は確かにありましたけど、
 このチームは1990年の「華」の演奏以降、見違えるように年々進歩していき、それを一人で指揮指導
 した塩谷先生の苦労は大変なものがあったと思います。
 ま、関東一高は当時は、「江戸川区のガラの悪い学校」としても
 決して評判の良い学校ではなかっただけに、そうした男子校を率いて、この素晴らしい名演は
 本当に価値があると思います。
 後日のBPの記事に、塩谷先生は、
 「課題曲Ⅲは狂気の領域、自由曲は神の領域」と評されていましたけど、
 実際演奏を聴くと、この言葉の意味が分かると思います。
 課題曲Ⅲは、常総・埼玉栄といった洗練された音色には遠く及ばないのですが、
 男子校らしいやや武骨な響きが、この難解な課題曲の別の顔をうまく表現していると思います。
 ソロのテクニック・表情は確かに今一つだけど、
 全体の中の「狂気・荒寥さ」は実に見事に演出出来ていると思います。
 だけど圧巻は自由曲の「カンタベリーコラール」ですよね。
 これは一言で言うと、「優しさのかたまり」・・・
 心にすーーっとしみこむ美しい音楽です。
 終始ゆったりとした音楽で、中間部の金管コラールで幾分盛り上がる以外は
 特に大きな山場とか見せ場はないのですけど、
 響きが終始ゆったりとした中にも大きな高みを見せている感じなので、精神的な満足度が
 非常に高い感じなのです。
 このコンクールの場に、作曲者のローストもいたという話は聞いたことがありますが、
 その歳、この関東一高の演奏に涙して感動したという逸話があるみたいなのですけど、
 事実関係はどうなんでしょう・・・
 だけど、そんな事よりも、
 こうしたコンクールの場でも
 「人間を優しい気持ちにさせる」演奏が本当に存在したという話は
 しっかりと後世にも受け継いでいきたいものです。

 本当に素晴らしい演奏でした・・・


〇天理

 Ⅳ/スペイン狂詩曲

 関東一高のあんな感動的な演奏の後は、いくら天理でもやりにくいかなと思っていたら
 さすがに王者の貫録というのか、
 「彼らは彼ら、自分たちは自分たちの普段通りの演奏をする」という
 我が道を行くような演奏でした。
 以前、この大会の高校の部で、スペイン狂詩曲~祭りを三チーム競演があったと書きましたけど、
 音色的に最高度の洗練の機能的な埼玉栄、武骨なロシア系みたいな新屋に対して
 天理は、この両者の中間的な雰囲気だったと思います。
 どちらかというと「けだるい」感じのような演奏だったと思います。
 だけど、ラヴェルのこの曲の魅力って、機能性でもないし荒々しさでもないし
 やはりけだるさとか気分先行という感じだとも思いますので、
 このラヴェル/スペイン狂詩曲の三チーム競演の中では
 天理が一番ラヴェルの本質をついていたような気もします。
 (ま、好みもありますけどね・・・)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです\(^o^)/

失礼します(;>_<;)

この演奏、全国大会の録音を後に聞かせて頂きましたが、ここまで連続して感動させる演奏があるもんだとよくこの音源を引っ張り出しては繰り返し聴いています。

他にも幾つもこの年に名演はありましたが、特に関東第一の演奏は別格でした。
(余りに凄すぎて、周りの人間にこの演奏を聴いてもらったぐらいでした(汗))

吹奏楽のレベルも年々上がって来ていますが、心でこれを越える演奏は中々現れないと思いますね(;>_<;)

いい演奏に出会えて良かったなと思います(;>_<;)

カンタベリーコラール

esakui69さん

いやいや、94年の関東一高の自由曲の「カンタベリーコラール」の良さが分かる人に
巡り会えて、私はとても嬉しいです。
あの演奏、本当に永遠に語り継いであげたい「優しさ」に溢れた演奏だと思います。
ちなみに関東一高の翌年の「ベトナムの回顧」もメッセージ性に溢れた渋いけど素晴らしい演奏
ですよ。

失礼します(;>_<;)

ありがとうございます( ^∀^)

この演奏の音源を初めて聴いた時、本当に震えが止まらなかったですね(;>_<;)

霊の叫びと云うか、声にならない響きが直ぐに全身に伝わりました。
豊島区立第十中学のエルザも初めて聴いた時、同様の感情になりました(;>_<;)

豊島のエルザは本当に素直な演奏で、自分が悩んだり、迷った時に何度も聞き直しますね(;>_<;)

その時代に自分は出会えませんでしたが、この演奏に会えた事は嬉しいです。

長々と長文失礼します(;>_<;)

1987年 雄新中学校/エルザの大聖堂への厳かな行列

esakui69 さん

コメントありがとうございます。
仰る通り、昭和41年の豊島十中の「エルザ」は伝説の名演ですよね。
ついでに書くと、「エルザの大聖堂への厳かな行列」というと、
1987年の雄新中学校の演奏が素晴らしいです!!
36名の編成とは思えないほどシンフォニックな響きですし、テンポルバートを駆使した
素晴らしい演奏です。
当時生で聴いていて、死ぬほどゾクゾクしたものです。
この演奏のどこが銀賞なのかいまだに分かりません・・・

メールありがとうございます( ^∀^)

う~ん(;>_<;)
確かに何故銀賞なのか納得いかないですね(;>_<;)
全然金賞レベルですよね(;>_<;)

でも審査員と観客、奏者の考えの違いって結構コンクールではありますよね(;>_<;)?

でも自分は少人数のバンドの演奏って結構好きですね( ^∀^)
個々の音がちゃんと聴こえて来るので、凄く伝わってきますからね( ^∀^)
逆に嫌いなのは私立バンドの音ですね(;>_<;)
何か技術を見せつけられてる感が(;>_<;)
かという自分も高校は貧乏な公立高校だったので…(;>_<;)

同感ですね・・・

esakui69さん

全く同感です!!!
審査員と聴衆の感じ方に差が出てしまうのは、コンクールにとってはある意味宿命的なものは
ありますよね。
雄新の「エルザ」の年、同じワーグナーを取り上げたチームで
やはり惜しまれる銀賞がありました。
大塚中学校の「ジークフリートの葬送行進曲」ですけど、あんなppの説得力を奏でたチームも
珍しいと思いますし、成績発表時
「なんで銀賞なの・・??」と愕然とした記憶があります。

自分も中学・高校と田舎の県立男子高校で、
30~34名程度で、内クラリネット奏者が4~5名程度というアンバランスな編成でした。
(ま、私もクラリネット奏者でしたけどね・・)
一人一人の技術レベルが全体の演奏レベルに直結するだけに
プレッシャーはありましたけど、
「気持ちが一つになった時」の爽快感は格別でしたね。
それを立証した演奏の一つが、
1993~94年の宇品中学校かな・・・

コメントありがとうございます( ^∀^)

自分の時は共学校でしたが、編成は40名程でしたが、クラリネットと低音セクションはしっかり揃ってましたが金管セクションが人数が少なくてちょっと弱かったですね(;>_<;)

それでもここ最近のコンクールだったら市立前橋とか洛南は凄いなと思いますね(;>_<;)

特に洛南はあんだけアンバランスな編成で仕上げてくるなって思いますね(;>_<;)
(サックス、トランペット、打楽器は充分過ぎる人数なのに、フルート、クラリネットの人数が少なすぎる(;>_<;))

ハリソン、華麗なる舞曲、ウィンド・ブリッツは個人的に好きですね( ^∀^)

吹奏楽は人数じゃないですね(;>_<;)

ありがとうございます

94年の全国大会、関東一高にてメンバー入りし、普門館の舞台で演奏をしたものです。
感想を頂きありがとうございます。もうあれから20年も経つ事に正直驚きも禁じえませんが、まだまだほんの少し前の出来事のようにも思い出されます。
塩谷先生には、饗応夫人ももちろんですが、カンタベリーもそれはそれは厳しく指導されたものです。
楽器は素性がばれるとアレなので書きませんが(笑
饗応夫人は、特に不協和音…耳に不快な振動が走るこの感覚を覚えろと叩き込まれ、カンタベリーは真逆でとにかく和音和音。コールユーブンゲンを毎日歌ったり、カンタベリーはコンサートで自分の楽器のパートを歌って披露したりと色々と試行錯誤を重ねコンクールへとこぎつけました。
実は予選当日の朝の合奏まで上手く行かず、通しで演奏できたのが本番の舞台上という、今から考えると良く全国まで行けたなと、そんな状態でもありました。
ただ、全国大会の演奏が終わった直後、『これは絶対金賞だろう!』と手ごたえを感じたのもまた記憶に新しいところです。
本当に、あれから今年で20年の月日が過ぎましたがこうやって今でも取り上げて頂けている事に名誉も感じつつ、深く感謝を申し上げたいと思います。
カンタベリーコラールが、聴いて頂けた皆さんの心に残っているのば今でも私たちの励みになっております。

感謝感激です!!!

いやいや、まさか1994年の伝説の名演の「カンタベリーコラール」の奏者の方から
コメントを頂けるなんて夢にも思わなかったので
大変嬉しいですし、ありがたく思っています。
本当にありがとうございます!!
本番当日の出来事とか塩谷先生のお言葉とか、当事者でしか分からないような
貴重なお話を色々と知りましたので、とても興味深かったです。
それにしても関東一高の「カンタベリーコラール」は本当に素晴らしい演奏ですね。
今現在聴いても、本当に感動モノですし、
素晴らしい名演は、20年以上の時間の経過があったとしても
その輝きは全く失わないものですね。
特に前半の木管のオルガンのような響き、コールアングレのしっとりとした響きは
極めて印象的です。
時代を超えても人の心に何かを伝える演奏が出来た事を生涯「誇り」に
持って頂きたいと思います。

本当にありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/975-6d00a828
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |