FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ドキドキプリキュア」1/12の第47話ですけど、
「何か最終回でもいいんじゃないの・・・」みたいに感じられるほど
完成度の高い回だったようにも思えますし、
物語としての「落としどころ」は大体見えてきたようにも感じられますね。
後は、レジーナとエースの父親でもある「キングジコチュー」を最終的にどのように
取り扱うのかという問題だけなのかな・・・?

それにしても第一話からそうであったように
主人公のピンク系のキュアハートというか、相田マナは、
非の打ちどころがないというか、
まさしく「プリキュアの鏡」みたいな感じもします。
歴代プリキュアで、
「頭もよくスポーツ万能で、家事も大得意、人望も厚く、聡明で、
リーダーシップもあり、何よりも「愛」に溢れ、人間にとって一番大切なものはなんであるかを
理屈無しに感覚で分かっている」なーんていう万能型のプリキュアは
恐らくマナ以外いないでしょうね・・・
その位完成度は高すぎる・・・

マナに関していうと、
すごいと思う点は、
第一話から今回まで終始ぶれていないという点なのかな・・・
それは、特に「レジーナへの愛と信頼」において終始貫かれている訳なのだけど、
他のプリキュアは、その点で幾分マナに比べてマイナス要素があり、
(例えば、今回で各自が語っていたように、ソードは、アン王女以外当初は信じていなかった、
 六花さんは、その嫉妬心など)
それを補うという形で、各自「更なる成長」を図っていったようにも
感じられます。





アン王女・亜久里・レジーナは最終的には「イコール」という事が判明済みなので、
最終的に誰が残るのかな・・・
その点が少し気がかり・・・
ま、商業的には「オールスター」もありますし、エースは少なくともプリキュアなのだから
間違いなく残るでしょうね・・・
事実、オールスターの番宣ポスターにもしっかり登場していますし・・・
レジーナはどうなるのかな・・・
2014年版ドキドキプリキュアカレンダーに、レジーナがいないのは、まさか・・・???
(ま、だけど基本的に毎年カレンダーには敵系統は掲載しませんけどね・・・
 例外は、フレッシュのイースかな・・
 ま、最終的にイースはプリキュアになつたけどね・・)

だけど「ドキドキ」も残りわずか2回
次期プリキュアは既にスタンバイOKだけど、まずは1月中は
「ドキドキ」に集中して(?)
心して最終回を迎えたいものです。

それにしても、何となくなのですけど、
次期プリキュアの「ハピネスチャージ」は
初期の頃は「残念系」なのかな・・・??
めぐみは、明るく元気でおせっかい焼きだけど、何か「アホ」っぽい雰囲気もあるし
ヒメは、何となく「ブロッサム」を想起させる「へたれ」みたいな雰囲気もあるし、
どうなるのでしょうかね・・・
どうしても先輩の「ドキドキ」、特に相田マナが異常に優秀過ぎたから
それを受け継ぐ後輩たちも何か大変そうですね・・・

だけど、面白いもので
いくら相田マナが万能・全てにおいて完璧であっても
勉強もスポーツも家事も特技も何もないプリキュア5の夢原のぞみの方が
リーダーとしては、マナよりも数段上のカリスマ性を有している事は
何か面白いものはありますよね。
(あくまで個人的見解ですけど・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ドキプリの映画で、未来のマナの結婚式のシーンに亜久里が出てきましたね。

どうしてレジーナはいないんじゃー! と足元のなにかが崩壊していくような感じを覚えたであります。

いや映画は面白かったけど(^^;)

同感ですね・・

ポール・ブリッツさん

確かに同感ですよね・・・
プリキュアのカレンダーには、毎年敵幹部は掲載されないのが一般的ですが、
レジーナは可愛いからどうかなと思っていたら、案の定カレンダーにレジーナの姿は
ありませんでした・・・
最終的にエースとレジーナはどうなるのか、残り二回ですが
心して見たいと思っています。
もっともオールスターがあるから、エースの生き残りはほぼ確定ですけどね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/972-92dc5104
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |