FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


以前も書いたと思いますが、師走の日本のクラシック業界は
猫も杓子もベートーヴェンの第9ばかりで少々飽き飽きしています。
今年の嫌なことを忘れて、来年の事を希望と欲望を持って臨みたいと思うのならば、
余程、オルフの「カルミナ=プラーナ」の方がしっくりくると
思います。

第9も合唱団を加えると大変な人数になりますが、
カルミナだって負けていません。
生の演奏会で確認しましたけど、大規模な管弦楽団に加えて
混成四部合唱、児童合唱、テノール・バス・ソプラノのソロ陣
ピアノ二台に多種多様な打楽器群
結構派手ですよね。

この曲の題名は知らなくても、結構この曲の出だしはCMなどでもお馴染みですので
「あー、この曲どこかで聴いたことがある」という方が
結構多いと思います。

歌のソロ陣ですが、ソプラノは、第三部から登場するので、
第一部と第二部の間は舞台に出てこないことが多いと思います。
テノールの人は本当に気の毒で、第一部から舞台に立っているのですが、
出番は第二部の一曲だけです・・・
その後は、ただひたすら演奏が終了するのを待つしかないという
感じです。

全部で確か24曲あったと思いますが、
合唱はほとんど出ずっぱりです。
管弦楽だけの部分は確か一曲だけだったと思います。

全体的に言えることですが、
曲の構成はいたって「シンプル」です。
難しい表現や変拍子はほぼ皆無です。
とても20世紀の間に作られたとは思えないほど
単純明快でわかりやすい曲だと思います。
とても同年代にストラヴィンスキーとかシェーンベルクがいたとは
思えません。
20世紀の数少ない分り易いクラシック音楽だと思いますし、
その圧倒的エネルギーには本当にただただ脱帽するしかないです。

この曲は確か正式名称は、劇的三部作「勝利」より、第一作・世俗への讃歌「カルミナ=プラーナ」
だったと思いますが、
残念ながら、第二作と第三作は聴いたことがありません・・・

でも第三部は、歌詞はよーーく見てみると結構スケベっぽくて
笑えます。
例えば、「もしも若い男と女が一つの部屋にいたら・・・」なーんて
歌詞もある位ですから・・・

この曲を初めて生で聴いたのは、
1996年12月の都響の定期(指揮は、コミッショナー)でしたが、この時は
正直何の印象も残りませんでした。
その三か月後に、新宿文化センターという汚くて音響の悪いホールで聴いた
同じく都響/指揮→О・レナルドの方が抜群に
素晴らしい生き生きとした演奏を聴かせてくれて、とても印象に残っています。
第21曲は、エンディングに向けた聴きどころ満載の部分ですが、
ソロ陣・打楽器・ピアノがとても躍動感溢れる演奏を展開してくれたのが
良かったです。特にカスタネットを叩いていたお姉さんが、全身で音楽を表現していて
素晴らしかったです。

ところでこの曲には、ピアノ・打楽器・合唱だけの版も存在しているのですが、
管弦楽の楽器が無い分、音楽が直線的で
更にエネルギーを感じる曲にもなっています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/97-7546e515
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |