FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラシック音楽の定番名曲コンサートというと、
一番最初に5分程度の短い序曲、二番目に協奏曲、そして前半終了
そしてメインプログラムが交響曲というパターンが非常に多いと思います。
そういう場合、一曲目の短い序曲というと
グリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲が最も演奏頻度が高いような気がしますが、
「我が祖国」の中の特に「モルダウ」で有名な
スメタナの歌劇「売られた花嫁」序曲も
結構こうした演奏会で耳にすることが多いと思います。

この序曲は、演奏時間が5分程度で、曲全体が華やかだから
割と取り上げられやすいのかもしれませんよね。
だけど、この曲実は意外と難しく、弦楽器の細かい刻みは結構奏者泣かせだと思いますし、
話によると、その難しさゆえに、
オーケストラの入団試験の実技試験にも何回か取り上げられたことがあるそうです。

「売られた花嫁」というタイトルから連想すると
何か悲劇とか人身売買の悲惨さとか、そういうものを連想してしまいますが、
実際は比較的コミカルに近いような感じもします。

簡単にストーリーを見てみると・・・

舞台はもちろんボヘミア地方の農場。マジェンカとイェニークは恋人同士ですが、
マジェンカは親にイェニークの素性が分らないため結婚を反対されます。
一方マジェンカには見合い話が持ち上がります。裕福な農場の持ち主の息子との縁談になりますが、
これは仲介人ケルツァが縁談を成功させて礼金をゲットしようとする魂胆でした。
この話に乗ったマジェンカの両親も古びた誓約書を持ち出し、農場経営者ミーハの息子と結婚させようとします。

ケルツァはイェニークとも会い、大金を積んでマジェンカの事を諦めさせます。

この事を知ったマジェンカは、
「私はミーハの息子と結婚する」と言い放ちます。
そして両親の持ち出した誓約書にサインをしますが、
実はミーハの行方不明になったもうひとりの息子がイェニークだったため、
二人は念願どおりめでたく結婚するというお話です。


まあ、現在で言う所の「手切れ金」絡みで最後に
ハッピーエンドという感じですね・・・

この歌劇は、序曲の他に「ポルカ」も有名で、この部分のみ演奏会で取り上げられることも
あります。

この序曲は、弦楽器のスピード感もたまらないのですけど、
中間部のオーボエのソロっぽい所も、中々いい味を出しています。
そしてラストも実に気持ちよく締めてくれます。

演奏は、短い曲ですので、どのオケを聴いても大体同じように聴こえます・・・
最初にこの曲を聴いたのが、少し古い録音ですけど、
ライナー指揮/シカゴ交響楽団でしたので、
何かこの録音が一番印象に残っています。

全く関係ないのですが、
この序曲を吹奏楽でやってのけた高校生もいました。
確か1990年代前半で、越谷西高校と言って
通常、クラリネット奏者が木管セクションの中で一番奏者が多くメロディーラインを担当する事が
多い吹奏楽の中で、
あえてクラリネットではなくて「サックスセクション」にクラリネットの役割を代用させた
極めて珍しい編成をした事で一部で有名になった学校が
まさにこの越谷西高校なのです。
マーラーの巨人とか真夏の夜の夢とか
サックスセクション中心の木管という特殊編成で、これらの曲を自由曲として選び
関東大会B部門ではかなり高い評価を受けていました。
(だって、35名編成の吹奏楽で、クラリネットが1本しか無いなんて、
 普通はありえない・・・
 でもすごーーくユニーク)
確か1993年頃だったかな、越谷西が
この「売られた花嫁」を自由曲にしたのは・・・
原曲は、打楽器はティンパニーだけなのですけど、
このチームは、太太鼓・シンバル・マリンバ・シロフォーン等も加えて
かなり自由でユニークな編曲の下、
妙にスリリングな演奏をしてくれました。

この演奏確かに邪道なのかもしれないけど、
すごーく面白くて、何かとても印象に残っています・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

楽しみにしています。

私の勝手なリクエストに応えて頂き恐縮です。でもなんだかとても楽しみなので、
期待して23日をお待ちしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/969-337da882
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |