FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ドキドキプリキュア」もいよいよ残り三回で最終回・・・
この重たく難しい多くの課題に対して、最終的にどのような道を提示してくれるのか
興味津々ですし、楽しみです。
後輩達、次期9代目プリキュアの「ハピネスチャージ」の面々もスタンバイOKみたいですので、
ここは先輩達として有終の美を飾って欲しいものです。
早速、「オールスター」の映画の宣伝CMも登場しましたけど、
相変わらずマナは、頼りになる先輩という感じですね・・・
うーーん、そうなるとボンクラハッピー先輩のの立場はどうなってしまうのかな・・・??

それにしてもお正月が過ぎると歴代プリキュア達は
唐突に最終決戦モードに入ってしまう印象がありますよね。
4代目のフレッシュの時は、12月中旬より実質的最終決戦モードという例もありましたけどね。
新春早々の回で、のんびりと「初詣」をしたプリキュアなんて
プリキュア5くらいしかなかったかな・・・?
(あれ、確か初代にそうした描写はあったっけかな・・??)

今回のドキドキは、昨年最後の回を引継ぎ形で、
これまでの謎のおさらいと解明という事で始まりましたけど、

例えば・・・

1.王女が病で倒れた時、婚約者のジョナサンと歌姫のキュアソードが全く知らないなんて事
 あるのかいな・・

2.亜久里の回想として、「かつてキングジコチューと戦って敗れた」というのがありましたけど、
 この敗れたというのは、石化しただけで完了させてしまった事なのかな、
 それとも実は王女自身が、1万年前のプリキュア戦士の一人だったという
 意味なのかな・・

3.こうトランプ王国の悲劇とドキドキの第一回には、約一年近くのタイムラグがあるという事なのかな・・
 その間、亜久里はマリさんの家で育てられ、
 真琴はストリートライブの修行中
 レジーナは、キングジコチューの加護の下育ったという事なのかな・・

4.1万年前のプリキュアが封印し、この封印を解く時は、ジコチューが出現するという
 危険極まりない「ゴールデンエターナルクラウン」を、
 ジョー岡田あたりが、特に危険もなく発見できたなんて、ホントかいな・・・

みたいなつまらない詮索は置いておいて、
(プリキュアシリーズの場合、細かい点ははしょる傾向にありますからね・・・)
今回の本筋は、あくまで、
ゴールデンエターナルクラウンを使用する時の危険な副作用の矛盾点というか、
「愛娘である王女を助けるには、この冠を使用する以外方法が無い」
「しかし、これを使用すると、確かに娘は助かるが、ジコチュー軍団を呼び覚ましてしまい、
 結果的にトランプ王国が壊滅する」
そうした「娘を取るのか、国家を取るのか、直ちにこの場で選択せよ」という
正しい回答なんて存在しない課題を出されてしまったという事にあるのだと
思います。

ま、この種の「Aを選択するとBが出来なくなり、Bを選択するとAが出来なくなる」という
問題については、
現段階では、マナの言うとおり、
「どちらかを選ぶのなんて無理」というしかありませんし、
プリキュアというロジックの中では、これが限界なのでしょう。

政治学的に述べると、
この種の二者択一的問題については、〇か✕しか回答はあり得ず、
△とか「もしも・・・という超越的手段を取れれば、両方可能」という事はありません。
王というか、為政者の立場としては、
娘を取るにしても、国家を取るにしても
どちらか一つを選択しないといけないし、同時に選択しなかった対象に対して、
生涯をかけて責任を取るということは全うしないといけません。

ただこれをそっくりプリキュアに適合させることが可能かと言うと、
それは無理な話であって、
そのあたりの、マナ達プリキュアとしての選択肢はどうなるのか、
最終的にどのような決着を迎えるのか、
例年のような大団円となるのか、ハートキャッチのように少し「後味が悪い」結果になるのか
とにかく楽しみにしたいと思います。

個人的には、レジーナがどうなってしまうのか、
本筋ではありませんけど、六花さんとイーラの問題(いわゆるイラりつ)がどう収まるのか
興味津々です。




ま、とにかく、心してエンディングを迎えたいものです。

話は違うのですけど、ハピネスチャージは、
何となく、ラブリーとプリンセスは、何となく頼りなさそうな感じ・・・
対照的に、フォーチュンが何か上級生的立位置で、一人で敵と戦っているという光景は、
何だか5代目の「ハートキャッチ」を彷彿とさせるような気も・・・
あ、そう言えば、今度のプリキュアのディレクターは、
ハートキャッチと同じ方でしたよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/962-139d0808
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |