FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


年末にツタヤでレンタルしてきたDVDの内の一つ、
「デート・ア・ライブ」第一巻を改めて視聴させて頂きました。
この作品、何回かこのブログに書いてある通り、
第7話以降の「時崎狂三」の登場から俄然面白くなるのですけど、
実はこのアニメのメインヒロインは、狂三(くるみ)ではなくて、
夜刀神十香なのですけど、この第一巻を改めて見てみると、それがよーく分かりますけどね・・
でも、狂三の登場以降は、
どうしても十香の印象が弱くなってしまうというか、
全ておいしいところを狂三に持っていかれた、ある意味「不遇なヒロイン」という感じも
しなくもない所が面白い所・・・

でもこのアニメ、設定がホント、バカバカしいのですよね・・・

未来の世界において、原因不明の「空間震」という空間そのものが大波動を起こし
地上の世界に大被害をもたらしていた・・
じつはその原因と言うのが、「精霊」が出現した際に起きる現象であった。
その精霊の暴走を食い止める方法は二つに一つ
一つが武力による殲滅
二つ目が、精霊と対話し、仲良くなってデートに誘い、デレさせる事・・

最初はあまりのバカバカしい設定に
「なんだこりゃ、これはひどい作品」と思っていたのですが、
第一話が終わる頃には、何か引き込まれるものがあったのですよね。
それが何かと言うと、
一人目の精霊である「夜刀神十香」のさみしそうな表情だつたと思います。






十香自身、
自分がどうやって生まれ、いつから地上に存在しているのか
その存在理由は何なのかは、
全く分かっていない所がミソ・・・
結局、人間が一方的に攻撃してくるから、
武力には武力でもって対抗せざるを得なかったというのが十香の言い分なのですけど、
結局の所、「孤独」であったという事なのだと思います。

そうした事を背景に、
どうやって十香の「孤独の魂」を対話とデートによって救済させていくのかというのが
最初の頃のテーマだったと思います。

だけど、このアニメが、
前述の「時崎狂三」の登場によって
俄然物語がヒートアップしていくのです。
でも、原作自体まだまだ執筆中の未完の作品の為、
第一期は、昨年4月~6月で終わってしまいます。

でも、第二期が今年の4月から、開始されるのですよね。
これは、自分にとっては、2月の「ハピネスチャージプリキュア」の開始と同じくらい
楽しみな事なのです。
第一期は4巻あたりで終わってしまったし、
現在は第9巻まで刊行されていますので、果たして第二期はどこまで放映できるか
今から期待大です。

f042887f_convert_20140105001835.jpg


それにしても、十香の「寂しそうな孤独な」表情ではなくて、
怒った時とか凛とした時の雰囲気も
何かそそられるものがあるのですよね。

プリキュアとは全く別の意味で魅力的な作品だと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/954-5328a4b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |