FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ドキドキプリキュア第40話/「まこぴー新曲発表」の回なのですけど、
もう何度見ても、この回は素晴らしいですね!!
歴代に漏れず、「ドキドキ」も過去に何度も名シーンといか神回がありましたけど、
この回は、その中でも屈指の神回だったと思います。

ドキドキプリキュアのメンバーって、歴代プリキュアの中では珍しいほど
全員聡明・優秀なのですけど、
特に、マナ・六花さん・ありす・亜久里の聡明さは恐ろしいほど高いレベル・・・
前作「スマイル」のボンクラメンバーの多さから見てしまうと、その優秀さが際立ってしまいます・・(笑)
過去のプリキュアシリーズでは、
一つの楽しみ方として、
初登場時のボンクラ・マヌケ・へたれからいかに最終決戦時までに「成長」しているか
その進化を共感しながら楽しむという事があると思います。
だけど「ドキドキ」の場合、
初登場時から、マナ達は優秀・聡明だから、
歴代と比較してみると、
「成長性」というキーワードは比較的弱いのですよね・・・

だけど、その中で剣崎真琴というか、キュアソードだけは、
元々「トランプ王国」という別世界の出身者であり、
人間界の常識とか知識にやや欠ける面があり、
それにプラスとして、当初の本人の
「仲間なんていらない」とか「自分がやらないと・・」という孤高さも加わり、
「ドキドキ」のメンバーでは唯一、「成長」という伸びしろがあったプリキュア何だなーと
思います。

「ドキドキ」の場合、もう一つ大事な要素があって、何かと言うと
「レジーナ」という問題・・
レジーナは、簡単に言うと、キュアソードの故郷である「トランプ王国」を滅亡させた張本人の
キングジコチューの娘という立ち位置・・・
ここで重要なのは、レジーナ自身はトランプ王国滅亡には全く関与していないという点。
レジーナが、マナ達の前に出現した際、
ソードが有無を言わさず「私はあなたを許さない!」とプリキュアの姿に変身した事が
当初のソードの心理状態を示唆していますが、
当のレジーナとしては、「そんなの知らない・・・」というのはむしろ自然な反応・・・
ここで、
マナの「敵とは友達になってはいけないのか・・?」という難しい問題が出てきて、
色々な紆余曲折があって
現在にまで至っているという感じなのだと思います。

マナの場合、すごい点は
初期の頃から
「レジーナは、ジコチュー幹部とは何か違う・・」
「レジーナにも愛する心が存在している」と看破し、
初期の頃から、レジーナに対して絶対の信頼をしている点なのだと思います。
勿論、ソードのように、自分の故郷を滅亡させられたという当事者意識の高い人間と
そうでもない人間との温度差はあったと思いますが、
それでもすごい・・・

その過程で色々あったのですけど、最終的にソード自身も
「マナがそう信じるなら自分も信じてみよう」という気持ちに変化していき、
「汝の敵を愛せよ・・・」みたいな感覚がソード自身に芽生えていったのが
ソード自身の成長ではないのかなーとも思います。

そうした中での第40話でした・・・

「自分たちは今でもレジーナが好きだし、信じている」という気持ちを何とかレジーナに伝えたい・・
だけどレジーナが出現すると、戦闘モードに嫌でもなってしまい、
中々そうした気持ちを伝えられない・・・
それならば、歌として伝えれば良いのでは・・・と考え、
人間界ではアイドル歌手でもある剣崎真琴の「新曲発表会」という形で
臨んだのがあの40話だったのです。

この回の白眉は、何といっても
歌いながら、レジーナに近づいていき、
レジーナの槍を素手で受け止め、最終的にキュアソードの姿になりながらも
一番までを全部歌いきった場面ですね・・・

bd985a75-s_convert_20140104191209.jpg

キュアソードに再変身する際の髪のもつれとか
いかにも泣き出しそうなソードの姿には、
ホント、まじで心を打たれるものがありました。

f0237885_0145179_convert_20140104191258.jpg

いやーー、でもあのシーンは本当に「名場面」でしたし、
歴代プリキュアの中でも
ベスト10に入れたいくらいの素晴らしい場面でした。

ソードが槍を受け止めながら
歌っている背景で、
ダイヤモンドがイーラと、ロゼッタがマーモと、ハートとエースがジコチューと戦っているシーンが
この場面を更に引き立たせていましたし、素晴らしい演出だったと
思います。

あの「こころをこめて」という曲は、ホント泣かせる曲ですよね・・・

剣崎真琴と言うと、「ソングバード」という持ち歌もあるのですけど、
こちらは「こころをこめて」とは対照的に弾けるような感じの曲なのですけど、
この「ソングバード」もよく見てみると
歌詞が実にいいのですよね・・・


La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!

Blue sky! 晴れわたる空
口ずさむのは希望のフレーズ
One voice! 聴こえてるかな?
永遠へつづくメロディ

こころに運ぶ ことばの種が
みんなの笑顔 咲かせますように☆
ヘッドフォンからひびく音色で
明日元気になれ!

〜SONGBIRD〜
つばさひろげて
キミすむ街まで今すぐに
My song 届けたい
True heart
伝えたい愛
どんなに遠くに離れていても
ひとつになれるから…
La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!

On stage! ドキドキするね!
キミの瞳はまぶしいスポットライト
Don't mind! 落ち込んだって↓
一緒に歌えばハピネス

春のざわめき、夏の潮騒
秋と冬のせつない足音
想いを込めて願いをのせて
いつか未来になれ!

〜SONGBIRD〜
羽ばたきながら
世界でいちばんきらめく
Our dreams 見つけたい
Good days
それぞれの夢
その胸の中で 輝かせたら
しあわせ待っている…

〜SONGBIRD〜
つばさひろげて
キミすむ街まで今すぐに
My song 届けたい
True heart
伝えたい愛
どんなに遠くに離れていても
ひとつになれるから…
La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!
Fly!

「ソングバード」も「こころをこめて」も
キャラクターアルバム「SONG BIRD」に収録されているのですけど、
マジて゛、このCD欲しくなったかも・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/952-4b4d85a7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |