FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


12/30よりやっとお休みとなり、既に正月モードというか
家でグダグダとぐーたら生活モードに突入しています。
というか、相変わらずうちの奥様は、年末大掃除には全く関心がなく、とっ散らかす側に位置しているので
大晦日くらいは、私自身が、窓掃除・風呂掃除・空気洗浄機掃除くらいはしないと
いけませんよね・・・(笑)

でも12/30は、一日中家でゴロゴロDVDばかり見ていました・・・
それと、11月から何か妙に仕事が忙しく、それに仙台長期出張という事も重なり、
11月~12月の「ドキドキプリキュア」は各回をそれ程深読みせず、比較的さらっと見ていたのも
何か気になって気になって仕方がなかったので、
11月以降の回を改めてじっくりと見てみました。

全体的にすごーくハイレベルの話ばかり続いていたのですけど
その中で一つ群を抜いている素晴らしい話がありましたね。

レジーナに対して何とか自分たちの想いを届けたい・・・
その一つの方法として新曲発表と言う形で歌を通してレジーナに想いを届けたいと考えていた。
しかし、その新曲発表会の場にレジーナ達ジコチュー軍団が襲撃し
それに応戦したプリキュア達との戦闘で
会場は大混乱・・・
そんな中、キュアソードはあえて変身を解除し、剣崎真琴としての姿で
新曲「こころをこめて」をしっとりと歌いだす・・・
そんなストーリーでした。

その中でも、レジーナに最接近し、歌いながらキュアソードに再変身するシーンは
ドキドキプリキュアの中でも屈指の名シーンであり、
実に美しいシーンだったと思います。

0_convert_20131230234750.jpg


「こころをこめて」の歌詞も
あとでじっくりと眺めてみると、これが結構いい詩なんですよね。
この歌詞と合わせて、キュアソードのあの憂いを見せた表情なんかは
結構ググッとくるものはありましたね。

「こころをこめて」の歌詞を以下に記載してみると・・・


ひとりきりで不安な夜
歌を口ずさむの
震えそうな暗闇でも
チカラがわくから

言葉と音符ひとつひとつが
まるで奇跡のかけら
ハミングすれば
シャララひろがる
それは未来へ響くメロディ

こころをこめて わたしは唄おう
声を届けたい はるか彼方まで
あの日のように希望灯す
フレーズを羽ばたかせて

願いをのせて 明日(あす)も唄おう
大事な人が そこにいる限り
昨日よりも もっとまぶしい
その笑顔にまた逢いたいから

忙しくて忘れていた
かけがえのないもの
みんなといて想い出した
やさしいぬくもり

不器用すぎて 素直じゃなくて
遠回りするたびに
いちばん星に
誓った想い
永遠(とわ)に変わることないストーリー

こころをこめて 一緒に唄おう
こんなに広い世界の片隅
あふれだした涙さえも
いつの日か輝かせて

小鳥さえずる 春のそよ風
潮騒はこぶ 夏の太陽も
瞳の奥映しながら
愛しさをずっと 伝えてゆこう

こころをこめて わたしは唄おう
声を届けたい はるか彼方まで
あの日のように希望灯す
フレーズを羽ばたかせて

願いをのせて 明日(あす)も唄おう
大事な人が そこにいる限り
昨日よりも もっとまぶしい
その笑顔にまた逢いたいから


ところでキュアソードの声優さんは、宮本佳奈子さんという方なのですけど、
この方は、5年前の「プリキュア5シリーズ」で2年間に渡ってエンディングの歌を担当されていた方です。
当時の歌い方を聞く限りでは、
「えー、この人本当に成人女性・・??」という感じで
いかにも10歳程度のあどけない女の子が歌っているような印象が強かったのですけど、
あれから5年も経過して、宮本さん自身が声優として活躍し始め
この「ドキドキ」でキュアソードという大役に抜擢され、
同時に「こころをこめて」をしっとりと歌い上げられるまで
大きな成長と進化をとげられていたのですね・・・
正直びっくりという感じです。

ちなみにこの「こころをこめて」は、
剣崎真琴としてのアルバム「ソングバード」の第8曲に収録されているみたいですね。
何かこのアルバム欲しくなったかも・・・



関連記事
スポンサーサイト



コメント

良いお年をお迎え下さい。

timhortons1119 様

いえいえ、こちらこそ私のしょーもないブログにいつもお付き合い頂き
ありがとうございます。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
そして来年も宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/936-7c96a518
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |