FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


年末のクラシック演奏会の曲目は、どこに行っても
ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付」ばかりですよね・・・
私、実はこの第九ってすごーーく苦手なんですよね・・・
生で3回程度聴いたことがあるのですが、
何回聴いてもどーも好きになれない・・
第九って第四楽章の「歓喜の歌」というか合唱に入る部分が有名ですけど、
この曲生で聴くと分かるのですけど、
この合唱の部分に辿りつくまでが非常に長い・・・
というか、第1~3楽章が何か妙に長く冗長に感じてしまう・・
そして第四楽章に入っても、例の一番有名な歓喜の歌に入るまでが、これまた長い・・・
そして「歓喜の歌」の部分の合唱が終わって以降が、何か歌舞伎の大見得っぽい感じで
何かとてつもなくしつこく感じてしまうのですよね・・・

勿論、第九は大変な名曲なのであり、
恐らくそうなのでしょうけど、
何か自分とは相性が悪い感じがするのですよね・・・
ベートーヴェン先生には大変申し訳ないのだけど・・・
でもベートーヴェンの交響曲第7番は大好きですよ。

自分なんか、年末に合唱と管弦楽の曲を聴きたいのだったら
オルフの世俗カンタータ「カルミナ=ブラーナ」の方がしっくりきます。
「カルミナ=プラーナ」は当ブログにて何回か取り上げた事がありますので
詳細は省略しますけど、
あの土俗的なエネルギーとか躍動する生命感なんかは
むしろせわしい年末にはピッタリのような気もしますし、
「よーし、来年も一丁頑張ってみるか・・・」というパワーを注入したいと思うのなら
むしろこのオルフの曲の方がいいと思うのですけどね・・・

オルフの「カルミナ=プラーナ」は、第一曲と終曲の「おお、運命の女神よ」の部分は
大変有名で、
よくドラマとかCMでもこのメロディーが使用されていますよね。
最近では、この「カルミナ=プラーナ」は
ももいろクローバーのセカンドアルバムでも使用されたみたいですね。

この曲は複雑なリズムも和音もなく、
20世紀中盤に作られたとは思えないほど、単純明快で分かり易くエネルギー爆発みたいな
曲ですから、
ホント、年末に限らずどの季節でも、どんな地域でもこの曲は必ず受け入れられるほどの
普遍性を有している曲ですので
この曲がもっともっと全世界で演奏され、
聴く方も演奏する方も歌う方も全員がハッピーな気持ちになって欲しいなーと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

良いお年を。

今年も残すところあと1日ですね。
いつも素敵なお話をありがとうございます。
来年も、こちらに来させて頂きたいと思います。

望み通り、ゆっくりとしたお正月になりますように(笑)
それでは、良いお年をお迎えください。

良いお年をお迎え下さい。

mama ikukoさん、いつも温かいコメントを頂きありがとうございます。
私のしょーもない記事に目を止めて頂いた異に改めて感謝いたします。

ところで、既に正月モードで家でグダグダ状態で、うちの奥様共々家でグータラしています。
さすがに大晦日くらいは、窓掃除・風呂掃除くらいはしようかと思ってはいますけどね・・

本当に、良いお年をお迎え下さい。

今年はお世話になりました☆
毎回、自分のブログに来てくださって本当に嬉しかったです。
来年もお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします!


実は自分も第九は苦手ですw
おっしゃるとおり、有名な歓喜の歌がなかなか流れなくて、途中で眠くなってしまうのでw


おぉ!カルミナ・ブラーナですか。
自分は小澤征爾の指揮で聞いたことがありますw
映画音楽のようで、聞きやすい曲ですよね。

年末に演奏したら、意外とウケるかもしれませんw



自分は土俗的なエネルギーと聞くと「春の祭典」が思い浮かぶんですが、さすがに一年の締めに、この曲は聞きたくないですからねw

「春の祭典」もいいかも・・・

gaean 様


いやいや、こちらこそいつもありがとうございます。
いつも素敵な記事に感心しています。
硬派・軟派を巧みに使い分けた記事を書かれるgaeanさんの記事には
教えられることもあります。

ところで新年のカウントダウンに
そのストラヴィンスキーの「春の祭典」というのも案外面白い考えかも
しれませんよね。
来年をエキサイティングに且つワイルドに迎えたい方には
むしろうってつけの曲なのかも・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/935-11298047
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |