FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


フランス音楽って言うと、例えばラヴェルとかドビュッシーとかフランス六人組に代表されるように
「おしゃれ」とか「粋」というイメージがありますけど、
自分としては、マイナーな作曲家なのですが
ルコックという作曲家の「マドモアゼル・アンゴー」というオペレッタからのバレエ音楽を聴くと
「ああ、何かいかにもフランスの粋の要素が散らばった作品」という風に
感じてしまいます。

というか、日本ではほとんど知られていない作品ですし、作曲家ですし、
私自身も正直あまりよく分かっていません。
ただ言えることは、
序曲と14の曲から構成されるバレエ音楽は
本当に粋で楽しい曲だなーという事です。
ホント、底抜けに明るい曲ですし、
特に第13曲と第14曲「ドンキーポルカ」は
思わず踊りだしたくなるような楽しさ満点の曲です。

このオペレッタは、邦題では「アンゴー夫人の娘」と記されることが多いのですけど
自分なんかは「マドモアゼル・アンゴー」という呼び方の方が何かしっくりきます。
この曲は元々はルコックが作ったオペレッタなのですけど、
1940年代後半に、イギリスのロイヤルバレエ団から依頼されたマシーニが振付を担当し
オペレッタの音楽をジェイコブがバレエ音楽として再構成したものです。
だから何となく曲の経緯は
オッフェンバック作曲/ロザンタール編曲のバレエ音楽「パリの喜び」と
似ている感じはします。

バレエのあらすじは大したものではありません。
簡単に要約すると
恋愛のもつれのドタバタコメディーです。
だけどこのコメディーの雰囲気ががバレエ音楽に色濃く反映されているのでしょうね。

何で私がこんなマイナーな曲を知っているかと言うと
やはり吹奏楽コンクールになってしまうのですが、
1981年の東北大会で青森県代表の黒石高校がこの「マドモアゼル・アンゴー」を演奏し
その底抜けの楽しさと小粋な感じに
感動し、
上京してやっと探し当てた音源が
ボニング指揮/ナショナルフィルだったのです。
というか、このバレエ音楽は、この演奏以外の演奏は私は知りません・・・
確か最近、ナクソスから新録音が出ていたような気がするのですが
まだ聴いていません。
だけどこのボニングの演奏を聴けば、それで十分という感じもしますし、
この演奏を超える名演は無いと思います。

このバレエ音楽「マドモアゼル・アンゴー」はホント楽しい曲ですし、
特にワルツ・ギャロップはお勧めですね。
だけど圧巻は何といっても第13~14曲ですね。
この部分は終始アレグロで快活に自由自在に音楽が胎動しています。
途中ファゴットによるとぼけたソロがあったり
トランペットの輝かしいソロがあったりしますけど
この部分は、ほとんどがアレグロの速度でf~ffで構成されていますので
聴いているだけでノリノリなハッピーな気分になりますね。

「フランス音楽はどうも上品すぎて抵抗が・・・」という方には、
この「マドモアゼル・アンゴー」とか前述の「パリの喜び」何か
最適だと思いますよ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/928-1327aa8b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |