FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日やっと「絶対防衛レヴィアタン」のDVD第一巻を入手とか記しましたけど、
中々じっくりと視聴できる時間がなかったけど、
やっと鑑賞する時間を持てました。
このアニメ、実は最初から見ていた訳ではなく、
全13話の中で、第四話から見出したものです。
だから、何とか第一話~第三話を早く見たかったのですけど
このアニメ、ツタヤとかゲオでも扱っていないし、
ヤフオクでもアマゾンでも結構価格がしたので、中々見る機会が無かったのですけど、
何とか格安でゲット出来て
見ることが出来て良かったです。






改めて第一話を見てみると、
このアニメ、別に秘密とか謎要素とか大どんでん返しとか、
各キャラの隠し事みたいな秘密は、
ホント皆無の
ゆるーりとした魔法少女系なので、
すごーく安心して見る事が出来ます。
というか、このくらい、ゆるくて激しい戦闘バトルもなく、
主人公達の内面的葛藤も無い
アニメも最近では珍しい・・・
だからこそ、最終回の場面も、何だか「すごーく爽やかな終わり方」を見せてくれます。

ま、三人の主要キャラもそれなりに成長はしているのだけど
最近の魔法系アニメみたいな
無茶な設定とか過激バトルとか
あまりにも過酷で残酷な設定とかもないし、
「急激な進歩」はしていないというような印象です。

ま、それがいい所なのかな・・・

プリキュアばかり見ていると、
こうした作品は逆に新鮮に感じるから不思議なもの・・・

「守りたい人や守りたいもの」を防衛したいという事を終始一貫したテーマとして扱い、
過激に相手に対する攻撃を控えている点は
最近のアニメとしては、一線を画すものであり、もっと高く評価されて然るべき作品かなと
思っています。

こうやって第一巻を見てしまうと、改めて第二巻以降も見たくなってしまいますね・・・

各キャラとしては、圧倒的に主人公の「レヴィアタン」が可愛いし、
人間的にも魅力たっぷり・・・
妖精シロップは、初登場から最終回まで終始一貫して
おしゃべりな腹ペコ妖精というのも何かいい味出しています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

かわいい~♪

おぉ!レヴィアタン。可愛いですね~♪バハムートとヨルムンガンドも可愛いですけどね(笑)

Re: かわいい~♪

「絶対防衛レヴィアタン」に関心がある方が一人でも存在している事をとても
嬉しく思います(笑)
わがままお嬢様のムーちゃんもいいし、頭は悪いけど優しい怪力の持ち主のヨルムンもいいけど
レヴィアタンの可愛らしさには敵いませんね。
グリーの原作ゲームの設定では
「笑顔を忘れた少女、たまに心の中で爆笑している」となっていますが、アニメではよく笑うレヴィアタンが
とても魅力的です。
ところで、小説も今読んでいますよ。まだ第一話「散華」ですけど・・
楽しみにしていますので、頑張ってくださいね。
設定がすごく面白い・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/924-c075b3b4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |