FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」の中の「カンカン踊り」は、
クラシック音楽をほとんど聴かない人でも
一度は必ずどこかで聴いたことがあるはずの非常に馴染み深いメロディーだと思います。
ま、というか、運動会とかパチンコ屋さんとかでは
定番の音楽ですからね・・・

オッフェンバックの喜歌劇「天国と地獄」【原題は「地獄のオルフェウス」・・】の序曲は
実は二つ存在している事は、意外と知られていません。
一つはオッフェンバック自身が歌劇の改訂版に付けた非常に冗漫で長大な序曲で、
こちらの方はあまりにも長すぎて面白くないため、今日では演奏されることはまずありません。
そしてもう一つが、ビンダーという人が、この「地獄のオルフェウス」の中の主要なメロディーを
要領良く繫ぎあわせて構成したもので、
こちらの方が、今日演奏会やCDで聴かれる「天国と地獄」序曲なのです。
つまり、一般的に知られる喜歌劇「天国と地獄」序曲は、オッフェンバック自身が作曲したものではなくて
後世の人が上手にアレンジしたものと言えるのです。

この序曲は、
出だしは本当に陽気にのびのびと開始され、とても印象的です、
この部分が静まった後に出てくるクラリネットのソロとかオーボエのソロも
哀愁はあるけど何となく間が抜けているのも面白い感じはします。
そして比較的長い中間部に入るのですが、この部分もたっぷりと抒情的に歌い上げられていますので
結構好きな部分です。
そしてこの中間部が終わると、
いよいよお楽しみの「カンカン踊り」が始まり、
カンカン踊りが炸裂していき、おちゃらけとバカ陽気の中、賑やかに曲が閉じられます。
8分程度の序曲だから、
よく演奏会の第一曲目として聴かれる機会が今でも多いと思います。

ところで、オッフェンバックの作品目録として
バレエ音楽「パリの喜び」というものがありますけど、
実はこの作品も、喜歌劇「天国と地獄」序曲と似たような経緯があります。
実はオッフェンバック自身は、バレエ音楽に手を染めた事は一度もありません。
どういう事かと言うと、
後世の音楽家、ロザンタールという方が、オッフェンバックの様々な喜歌劇の音楽の中から
美味しい所をピックアップし、構成し編曲したのが
このバレエ音楽なのです。
だから、このバレエ音楽は、オッフェンバック作曲というよりは
ロザンタール編曲と言った方が良いのかもしれません。
だけどこの「パリの喜び」は聴いていて、本当に楽しい音楽ですよ。
勿論、カンカン踊りも登場しますし、「ホフマンの舟歌」の美しい部分もラストに登場しますし、
飽きることはないと思います。

「バリの喜び」をCDで聴く場合、
デュトワ指揮/モントリオール響という素晴らしい名演があります。
日本では、このバレエ音楽はあまり演奏されないな・・
唯一聴いたのが新日本フィルでの演奏かな・・・
だけどこの演奏面白かったのは、理由は不明だけど
首席トロンボーン奏者の宮下宣子さんが、なぜか部分的にトロンボーンの席から
打楽器の「ガラガラ」を演奏していた事・・・
まさか打楽器奏者不足なんてことはないですよね・・・
アマチュアの吹奏楽の吹奏楽部では、管楽器奏者と打楽器奏者のかけもち演奏は
たまーに見かけることはありますけど
まさかプロの世界ではね・・・
これは何かの演出だったのかな・・・??

吹奏楽コンクールでは、「バリの喜び」は現在でもレパートリーとして
完全に定着していますよね。
大抵、序曲~ワルツ~マーチ~カンカンを演奏するのですけど、
原曲と異なり、カンカン踊りで終わりますから、
何かとってもすっきりとした終わり方のようにも感じます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/923-17ba9c33
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |