FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


本日は、今年最後の「ドキドキプリキュア」の放映日でした。
最近、日曜の夜家に戻ってくると、うちの奥様なんかが
嬉しそうな顔をして
「あのねー、今日のプリキュアはねー、何だか大変なことになっちゃっているよ」みたいに
この時点ではこの日の放送っを見ていない自分に対して
ネタバレみたいな事を口走るので
困ったものです・・・

ま、予想通り、レジーナとエースは「光と影の関係」というか
「二つで一つ」みたいな関係という所に落ち着いたみたいですけど、
その他様々な謎要素は、年内には解明されず
全ては来年以降に持ち越しとなってしまいました・・・

えーー、これって何かたまらん・・・

プリキュアシリーズで全般的には、謎の要素とか難しい要素は少ないというのがこれまでの流れ
でしたけど、
本シリーズの「ドキドキ」は、この点かなり違いますね。
謎要素をここまで引っ張るシリーズも珍しい感じ・・・
ま、それも全プリキュアが全員聡明というのも背景にあるのかもしれませんけどね。
(前作スマイルに謎要素がほぼ皆無だったのも、ビューティ以外ほぼ全員ボンクラという背景も
 あるのかもしれませんけどね・・・)

だけど年内最後の放送では既に最終決戦状態でした・・・
歴代シリーズでは、年明け一回目の放送で最終決戦開始という感じなのですけど、
ドキドキは既にバトルモードですね。
(もっとも4代目のフレッシュの時は、12月上旬から実質的に最終決戦モードに
 入っていましたけどね・・)

本日の話では、
エターナルゴールデンクラウンを頭に乗せたマナが何か妙に可愛かったのが
印象的です。






だけどストーリーは色々とゴチャゴチャしてきたな・・・
最終決戦と合わせてドキドキの抱える様々な謎要素・課題事項に対して
どう決着を付けるのだろう・・・
そしてマナ達は最終的にどのような成長を提示してくれるのかな・・・
ついでに六花さんとイーラの「イラりつ」は最後はどうなるのだろう・・・

年明け早々目が離せない感じです。

だけど、なんか結局は、トランプ王国内の「お家騒動」が実は真相だった・・・というオチが
何となく漂っているような気も・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

朱雀

お昼の真っ只中ですが、こんにちは。
クリスマスなのに缶詰状態で、全く外に出られない朱雀です(汗)

うちのブログで取り上げた予想は大外れでしたねw
光と影の二人で一人設定と、至って普通な感じに収めましたね。
エターナルゴールデンクラウンの回収部分を、回想で大幅に端折ったのが残念です。
3種の神器のうち、2つまで入手が難しかったのに、ジョー岡田だけでも回収できる点も少々手抜き感が否めません。
少し謎部分の風呂敷を、広げすぎたかも知れませんね。
あとはレジーナと亜久里を、どのように扱って決着させるか楽しみです。
予想としては、二人とも生存状態のままアン王女も復活すると思っているのですが、その鍵を握るのは、3つ揃った3種の神器だと思います。
せめてこれくらいは当たって欲しいというのが、今の望みです。

結局、年内は謎だらけ・・・

朱雀さん、こんばんは。

いつも見て頂きありがとうございます。

お仕事も大変そうですね。クリスマスなのに缶詰め状態とは何か気の毒ですよね・・
(そういう自分も12月はほとんど仕事で休み無しという感じでしたけど・・)
でもたまには、自分の時間も大切にして欲しいなーと思います。

「ドキドキ」の場合、謎要素が歴代では珍しいくらい大きいですよね。
結局謎の解明を含めて、ほとんど全ての課題は新年以降に持ち越しになってしまいましたけどね。
だけどその頃は、9代目の新プリキュアに目がいってしまって、
その辺りは「ま、いいか・・」みたいな感じになってしまうのかも。

だけど朱雀さんの予想もかなりの部分当たっていたと思いますよ。
何よりも三種の神器の一つの槍の正当な所有者がレジーナである事を見越していたのは
さすがだと思います。
レジーナとエースが二人で一つですからね。

だけど最終的にはどのように決着を付けるのだろう・・・

レジーナも亜久里も生き残るとすると、
アン王女はどうなってしまうのかな・・・
キングジコチュー絡みで言うと、トランプ王国崩壊は、
もしかして「お家騒動」の一環だったのかな・・・
本筋から外れるけど、「イラりつ」はどうなってしまうのだろう・・・

ま、新年早々目が離せませんね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/918-0dbe390a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |