FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


12/20の埼玉は寒かったですね・・・
朝の天気予報では、
「突風・ひょうなど突然の天気の急変に気をつけて欲しいが、全般的には昨日の雨もあがり
 天気は回復傾向」とか言っていたのに、
大外れでしたね・・・
車に乗っていても、昼過ぎから雨にみぞれが混ざり
「あれ、少しまずいかな・・」と感じていたら
急に寒くなってきたので、空を見上げていたら
「初雪」でした・・・

あまりに車内が寒かったので車内のエアコンをガンガン付けていたら、
窓ガラスが曇ってきて周りが全然見えなくなってしまったので、慌てて外の冷たい空気を入れ
窓ガラスの曇りを取る・・・といった繰り返しみたく
なってしまいましたね・・・

本日は今までよりは比較的早く退社できたので、
以前からうちの奥様に
「買って、買ってきて」とうるさくせがまれていた
蕨市のご当地限定スイーツをお土産に買ってみました。

それは「大人のプリン」というもので、
毎日販売されている者ではありません。
扱っている店舗も限られている上に、販売日が毎週金曜日限定なので
地元の川口・蕨市民の方も知らない人が多いと思います。
自分だって、妻から言われなければ全く存在すら気が付かなかった・・・






「大人のプリン」の名前通り、
あまーいデザート系のプリントは明らかに一線を画しますね。
とろーりとか甘ーいとかふわふわという感じではありません。
何というか二重構造になっていて、
表面から少し下は、米粉で作られたスフレというか、比較的カリッとした硬い層
その下は、濃厚なカスタード系の層
一番下にほろ苦のカラメルソースがあります。
食べ方としては、普通に食べるのではなくて
「混ぜて食べて欲しい」との事です。

実際に食べてみると
確かに甘くはないデザートですね。
普段慣れ親しんでいるグリコの「プッチンプリン」みたいなとろとろという感じでは
ありませんね。
表面が何かクッキーみたいな感じで、その部分とその下のカスタード層、そしてカラメルを
混ぜてみると、
何か不思議な触感があります。
でもこれ美味しい・・・
甘くはないのだけど、
後味すっきりなんだけど濃厚な感覚です。
カラメルがかなり苦味を感じるので、これがいいアクセントというか変化球になっているのかも・・・

確かに「大人のプリン」という感じです。

これ宣伝次第では、もう少し広まるかも・・・?

金曜限定では、プレミアム価値はありそうだけど、中々地元でも浸透しないのかも・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

うーん これは美味しそうなプリンです(>_<)

大人のプリン

一口食べれば分かりますが、
甘くないしとろーりともしていない
ややビターな感じのプリンで、しかも少しかき混ぜて食べた方が
より美味しく味わえる
何かユニークなプリンです。

大人のプリン?

お~此れは興味深々!
プリンには目が無くて、、、(笑

Re: 大人のプリン?

一口食べると分かりますが、それ程甘くないしトロッともしていないプリンです。
甘いプリンに慣れていると少し抵抗があるかも・・・??
だけど、表面から第一層の米粉のかりっとした感じと濃厚な第二層をかき混ぜると
中々のものです。
一番下のカラメルは、苦いを通り越して「ほろにが」かな・・

表面が焼きプリンっぽくなってんのが
食欲そそりますね、にしても可愛い器だ
食べ終わった後小道具に出来そう。

大人のプリン

二重構造で甘くもないしトロッともしていない独特のプリンですよね。
私は結構好きです。
そうそう、器も結構重たいガラス製ですので、
小物入れにも使えそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/914-be72c17f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |