FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「コールアングレ」という楽器は、
別名、コーラングレとかイングリッシュホルンとか呼ばれていますけど、
何か自分にとっては「コールアングレ」という呼び方が一番馴染みがあるので、
この表記にさせて頂きます。

自分は、中学から大学まで吹奏楽部でクラリネットを吹いていましたけど、
(一年間アルトサックスを吹いていた時期もありましたけどね・・)
元々別にクラリネットを吹きたくて吹奏楽部に入ったわけではありません。
ただ漠然と
「何か楽器を吹ければいいな」という感じの気持ちでしたけど、
何となく「トロンボーンが格好良くていいな」とか
「ティンパニー奏者も魅力的・・」とか思っていました。
だけど中学入部当時は、身長135㎝程度でしたので、そんな重量級の楽器はダメと言われ
何か勝手にクラリネットにされてしまいました・・・

だけどもしも今現在ならば、
「好きな楽器を一から教えてあげるから吹いていいよ」なんて言われたら
文句なく、間違いなく
「コールアングレ」を選ぶと思います。
その理由は・・・??というと
音色と音域が心地よいし、聴く人をうっとりさせられるし、
何よりもソロにおいしい部分が相当ある事かな・・

実際、コールアングレを使用したオケ曲のソロって、
例えば有名な所では、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」第二楽章のように
美しいし鄙びているし、官能的で牧歌的で、素朴でというように
いい場面で使われるケースが多いと思います。
第一、ホント楽器そのものの音色が非常に心地よい・・・
オーボエに比べると断然ハスキーなのですけど、
俳優に例えると「中尾彬」みたいな感覚に近いと思います。
何か音色だけでトクをしている楽器のようにも感じます。

だけど奏者は大変ですよ・・・
見ていると、
(ダブルリード楽器奏者は皆そうなのですけど)
リードを調整するのが難しいし、
毎日毎日リードを削っている姿が今でも印象的です。
だけどクラリネットに比べると、
(私のひがみかもしれませんけど・・)
指使いが平易で、16分音部など速いパッセージに苦しむことが少ない優遇された木管楽器のようにも
思えます・・・

コールアングレを使用した曲って色々ありますけど、
歌謡曲では、古い話だけどガロの「学生街の喫茶店」かな・・・
クラシックでは、
自分の印象としては、最初にこの楽器を効果的に使用した例は
ハイドンの交響曲第22番「哲学者」あたりかな・・・とも思っています。
だけど圧倒的に有効な活用例としては
何といってもベルリオーズの「幻想交響曲」の第三楽章だと思います。
あの楽章のオーボエとコールアングレの掛け合いの部分は、
かなり魅力的ですよね。
「幻想交響曲」第三楽章では、遠くから聞こえる雷を表現するため、
ティンパニー奏者4人の掛け合いも非常に効果的ですし、視覚的効果も抜群です。
ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」の前半のコールアングレのソロもかなり
印象的ですよね。

他にコールアングレを有効に活用した曲って何があるかなと考えたところ、
歌劇「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りなんてのもありますけど、
例えば、

〇フランク/交響曲第二楽章

〇ロドリーゴ/アランフェス協奏曲第二楽章

〇ラヴェル/ピアノ協奏曲第二楽章

などのようにドヴォルザークの新世界と合わせて
やはりこの楽器は抒情楽章で特に威力を発揮するのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/912-3d6a7021
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |