FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


交響曲の中には、同じ作曲家でも、派手でメジャーな交響曲の間に隠れて
地味で派手さはなくても、素晴らしい曲が色々とあります。

例えば、ベートーヴェンでは、交響曲第7番と第9の間に隠れて、
今ひとつ存在感が薄い交響曲第8番なんて曲もありますが、
これは意外と名曲だと思います。
演奏時間も短く派手さもあまりありませんが、
何か霊感を感じる曲だと思います。

余談ですが、個人的には第9は苦手な曲です・・
派手すぎというか、歓喜の合唱に入るまでが長過ぎて、正直脳が持ちません・・・
エンディング付近も、合唱というよりは、歌舞伎の大見得みたいな感じがして
正直思いっきりドン引きしてしまいます・・・
年末の演奏会は、この曲一色になるのですが、
個人的には、この曲よりも、どうせ合唱が加わるというのならば
マーラーの交響曲第2番「復活」とか
オルフの世俗カンタータ「カルミナ=プラーナ」の方が新年を迎えるに当っては
相応しいのかなと思ったりもします。

やはりベートーヴェンは交響曲第7番が大好きです。
あのオーボエの出だしもいかにも何かが始まるぞという感じありありで
わくわくしますし、第二楽章のメロディーも大好きです。
フィナーレは、現在のダンスミュージックを彷彿とさせる位、リズム感・躍動感に
溢れた曲だと思います。
この曲を初めて聴いたのは、尾高忠明さんの読売日本響でしたが、
知性的かつ燃え上がるような突進するフィナーレに一発でノックアウトされました。

この7番と第9に挟まれた交響曲第8番を改めて聴いてみると、
巨人と巨人の間に挟まれたヴィーナスのような曲とも思えます。
自己主張する曲ではないのですが、存在感は充分ある曲だなーと
思えます。

同様なことがショスタコにも言えるかもしれません。

交響曲第5番というウルトラメジャーな曲と
交響曲第7番「レニングラード」という大規模な曲の間に
挟まれた交響曲第6番は、正直マイナーな曲なのかもしれません。
自分自身もこの6番の生演奏は、1996年4月の日本フィルの20世紀シリーズでの
プログラムでしか聴いた事がありません。

この6番は少し変わった曲で、3楽章構成なのに、
通常の急-緩-急という構成ではなく、第一楽章が「緩」で、それも異常に長い演奏時間と
なっています。
第一楽章だけで曲の半分を占めているのかな・・・?
第二、第三と楽章が進むにつれて、曲のテンポが速まっていきます。

何となく、日本の「序・破・急」みたいな構成のシンフォニーです。

この第一楽章も正直、解釈の難しい楽章で、作曲者が何を言いたいのか、今一つわかりません。
何となく「青春の苦い抒情」という言葉が当てはまるような感じもします。
全体に思弁性が強い楽章と感じます。

反面第三楽章(フィナーレ)は、突然陽気に踊りだすという感じがします。
この楽章だけを聴くと、ロッシーニとか、スメタナの「売られた花嫁」のポルカみたいな
印象を持ってしまいます。

せっかく第一・第二楽章で叙情的かつ論理的に聴かせているのに
フィナーレの突然の陽気さが、いかにも「場違い」というような印象を
ついつい与えてしまうような曲です。
(同じ事は、プロコフィエフの交響曲第6番にも言えるかな・・・この曲も三楽章構成で
 第一・第二楽章が戦争の暗い影を何となくひきずっているのに、第三楽章の場違いな
 陽気さが曲の評価を迷わせている・・・)

でもショスタコは、この交響曲第6番で何を言いたかったのでしょうかね・・・

5番と7番の間に挟まれた「謎」みたいな交響曲ですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/91-4da6b703
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |