FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


前回の続きみたいな話になりますが、
現在コンタクトを付けたままの状態では、字や数字が細かく記載されている住宅地図が
ホント、見えにくくて仕方がないのです。
原因は明らかに「老眼」なのですけど、
住宅地図は、自分の仕事の上では絶対的な必需品なものですから、
これが見えないと正直「困った・・」では済まされない問題になってしまいます。
コンタクトを装着したまんま、老眼鏡をかけるのも何かヘンな話ですし、
すごく抵抗があったりします。
要は裸眼状態で、住宅地図を見るのがてっとり早いのですけど
この方法ですと、目ギリギリまで近づけないと、やはり良く見えない・・

だから一番良い解決方法は
30年以上使用し続けたコンタクトをこの際、諦めて、
眼鏡に帰る事なのでしようね。

だけど、「眼鏡」って何か昔から抵抗があるのですよね。
一番大きな理由が鼻に何か異物がのっている感覚が昔からどーも苦手なんですよね・・
だから何とか別の眼科医に行って、何とかうまいこと言って
新しいコンタクトを処方して貰えるようにしてみようかなとも思うのですけど、
コンタクトだけでは「老眼」の問題が解決しないから、
結局は眼鏡にしろ、老眼鏡にしろ
やはりそろそろコンタクトは限界なのかもしれませんね。

それと自分の場合、実は
右目の視力が0.07程度に対して
左目が0.6と
完璧に「ガチャ目」なのですよね・・・
しかも左目は乱視が入っています。
必然的にコンタクトでも、右目に対して左目用のコンタクトは随分厚い感じになっています。
眼鏡の場合は、左目部分は薄く仕上げられるのに対して
右目部分は極度の近視のため、分厚くなってしまいます。
だから眼鏡の場合、左目と右目で厚さが違い、重量的にもかなりアンバランスな
感覚が残ってしまいます。
普段コンタクトでも、寝る前はコンタクトを外しますし、
休日はコンタクトは大抵外しています。
だけどそういう時の眼鏡って、
左右のアンバランスがいまだに何か慣れず、
いまだに抵抗感があるのです。

だけど、こうやって自分も「老眼」の世界に足を踏み入れたのですから
眼鏡は今後慣れていくしかないですね・・・
ま、だけど一番理想的な解決方法は
老眼と近眼の併用型タイプを使用し、これに慣れるしかない感じですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コンタクト有りますよね?

老眼のコンタクトはあるけど、遠近はどうだったっけ。
最初からあきらめたので、相談もしなかった私ですが、聞けば教えてくれるかも。
ぜひ、相談されることをお勧めします。

メガネは慣れるまでが大変だから。
肩こるし、疲れるし、最近のは軽いと言っても、やっぱり重さを感じるのが難点ですしね。

Re: コンタクト有りますよね?

そうですね・・・・
確かに眼鏡を久しぶりに一日中かけていると肩凝るし、目は妙に疲れるし
鼻が締め付けられそうだし、
かなり抵抗がありますね・・・
だけど、正直眼科とかに行くヒマ、年内はないし
年明けに初売りを兼ねてメガネスーパーにでも
行ってみようかな・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/901-cb661f09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |