fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


加藤レイズナさんの「 プリキュアシンドローム」は2013年に一度記事に書いたような記憶がありましたけど、
あの時は確かブックオフでのさーーっとした立ち読みでの印象を簡単に記したものだったような思いますが、
2020年~21年の年末年始は新型コロナウイルスの急激な感染拡大もあり、ほとんどの世帯の皆様は旅行も帰省も控え、
買い物や初詣すらも控えていた方もかなり多かったと思います。
私自身も年末年始はコロナに関係なく?いつもどおりの寝正月というか今風に表現すると巣ごもり状態となったお休みと
なっていて、そうした際はゲーム・アニメ作品のDVD視聴や本を読むというのが巣ごもり生活での静かな楽しみ方と
いえるのかもしれないです。

そうした静かなお正月休みには分厚い本を読むにはむしろうってつけということで、以前さーーっと読んでいた
加藤レイズナさんの分厚い著作で大変な力作インタビュー記事の総決算ともいえそうな「プリキュアシンドローム」を
年末年始前にアマゾンの中古でかなりお安い値段で売りに出されていて、ちょうどアマゾンで溜まっていたポイントが
その価格とほぼ同じでしたので購入をさせて頂き、年末年始にかけてずっと読みふけっていました。

それにしてもこの「プリキュアシンドローム」はとてつもなく分厚い本ですし手に持ってみてもずっしりとした厚みと重さが
感じられます。
ちなみに本自体は500ページを超えています。
「プリキュア5の魂を生んだ25人」という副題が示す通り、制作者・現場サイド・おもちゃメーカー・声優さん・上北ふたごの漫画版・
オールスターの映画な時プリキュア5に関係した方々の貴重過ぎる声などを熱く語った本でもありますので、
逆に言うと、よく520ページで収まった・・という印象すらあります。
私自身、内容がかなり興味深いという事もあり本を読む際は速読の私にしては珍しくじっくり読んだこともあり、
結果として520ページを完全に読破したのは3月の初めというありさまでした~

ただプリキュア好き、特にプリキュア5好きの方にとっては大変貴重な一冊ですし、興味がある方はぜひ一度読んで頂きたいと
感じさせてしまう本だと思います。





「ぷりきゅあぴあ」という本においても歴代プリキュアを産み出したディレクター・デザイナーの当時を振り返る話が色々と
収録されていて、かなり面白かったのですが、この「プリキュアシンドローム」は2007年~2008年にかけて放映された
プリキュア5シリーズに絞って特にプロデューサー・現場サイドの声により耳を傾けて書かれた本ですので
より掘り下げて当時の話が色々と出ているのでかなり興味深い内容ですし、内容的にはかなり読みごたえがありました。

一言で言うと、プリキュア好きのプリキュア好きによるプリキュア好きのためのインタビュー集といえそうです~♪

プリキュアシリーズは子どもたちからの圧倒的な支持のみならず、親、そして大人を巻き込んで、
2004年の初代のふたりはプリキュアから2021年の現役プリキュアにいたるまで愛され続けていますけど、
「プリキュアシンドローム」は、プリキュアによって人生を変えられたという加藤レイズナさんが、
プリキュアシリーズの転換点になったとも評価できるプリキュア5の制作陣のふところ深く飛び込んで話を聞いたインタビュー集
であり、女児向けアニメに、どれほど現場の大人たちが真剣に、情熱を最大限にかけて取り組んでいるのかという
もの作りを支える魂が圧倒的に伝わってきています。
執筆当時はまだまだ駆け出し青二才ライターでもあった加藤レイズナさん自身もプリキュアに関連したインタビューと取材と
執筆を重ね続けたことで、プリキュア5ののぞみ同様に大きな成長とステップアップを果たされたといえるのかも
しれないです~♪

あまりにも長すぎて章によっては正直冗長すぎる印象も確かにあるのですけど、
どうやって「のぞみ」が産み出されたのか、その辺りはエピソード満点という感じです。

アマゾンで購入したこの中古本も、ほぼ新品に近い状態で付属のポストカードも未開封というのもありがたかったなのルンッ~♪

こうした本は歴代シリーズでももっともっと出てほしいですね~!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |