fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


スマイルプリキュアは、第1話から今日に至るまで
メンバー間の関係は非常に良好で、一度もメンバー間の不和・喧嘩話は一度も
出てきていないのは、幸いなことです。

歴代プリキュアでは、一度くらいはメンバー同士のすれ違いとか軽い衝突は
あったものですが
(あれ程仲の良いスプラッシュスターの咲と舞ですら、第8話で軽い衝突を
 起こしている・・・)
スマイルのこの良好さ・平和さは奇跡に近いと感じます。

プリキュア5では、第23~24話に象徴されるとおり、
メンバー間のいざこざは結構日常的だったりしますが、
のぞみのミルク(後のミルキーローズも含めて)のいざこざは
見ていて楽しいものもあります。



第何話かは忘れてしまいましたが、
「ミルクの決意とみんなの力」という回も印象に残る回だったと
思います。
発端は、ミルクがのぞみのチョコレートを勝手に食べてしまうというのも
いかにものぞみらしい話だと思いますが、
その後の展開は、
あれ、のぞみも意外と理屈で攻めることができるんだ、少し意外という感じも
しました。

のぞみ:「人のチョコを勝手に食べるなんてひどいでしょ?」
ミルク:「早い者勝ち、お世話役見習いは知恵と体力が勝負。のぞみみたいに
     ぼんやりしていたらつとまらない」
のぞみ:「なんですってーー!!」

この後、ミルクのお世話役見習いの修行の話

のぞみ:「人のチョコを勝手に食べちゃう人がお世話役見習いなんて
     パルミエ王国も随分と人手不足だったんだねーー」
ミルク:「なんて事を、王国の悪口は許されない」
のぞみ:「パルミエ王国の話ではなくて、ミルクがお世話役として
     相応しいのかっていう話じゃない・・」

以下、ミルクがのぞみの将来の夢を持っていないことへの話題のすり替えが
続く・・・

「パルミエ王国も随分と人手不足だったんだね」辺りは、
この回を見ていた人のほとんどは、「その通り!!」と思っていたかも
しれませんよね。
のぞみの皮肉も本当に「的を得ている」という感じだったと思いますし、
すごく印象に残っているワンシーンです。
(ちなみにこの回は、アラクネア殉職という回でもあるのですが・・・)

プリキュアのガイドブックでは、
プリキュア5GoGOの上北ふたごによる漫画版も掲載され、
興味深いものがあります。

アニメでは、のぞみは「元気一杯のおバカ娘」というキャラ設定なのですが、
漫画版では、意外とのぞみが「夢見る少女」という書き方で描写され、
その繊細な乙女ぽっさに最初に見たときは、正直「えっ」と違和感を感じた程です。
でも、これはこれでありだと思いますが、
漫画版のくるみの気の強さには、正直イラッとする時もあります。
あっ、それはプリキュア5のアニメ版のミルクの言動と同じなのかも・・・

歴代プリキュアの中で、ムーンライトとミルキーローズが苦手というのも
この辺りをひきずっているせいなのかも
しれませんね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/88-c1f90be5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |