FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


「ドキドキプリキュア」は、いよいよ最終決戦モードに近づいてきましたが、
現在テレビ埼玉では「ハートキャッチプリキュア」が終盤に近づいています。
昨年の丁度今頃は、テレビ埼玉では「フレッシュプリキュア」が再放送中で、やはり終盤モードの頃で、
「1月は、スマイルとフレッシュの両方の最終決戦を拝められるな・・・うれしー」と
思っていましたけど、
今年は「新年早々、ドキドキとハートキャッチの両方の最終決戦を見られるなんていいっすねー」と
思ったりもしています。

さてさて、テレビ埼玉は、毎週木曜の午後六時半から
「ハートキャッチ」の再放送をしているのですが、
(勿論見れないので録画しちゃっています・・)
先々週・先週とずっと高校受験対策講座特番とかで、この時間帯の番組が休止となっていて、
本日三週間ぶりにやっと再開していました。

その三週間ぶりの回というのが、
歴代プリキュアの中でも、とびっきり「しょーもない回」というのか
プリキュアのくせに、
片づけを全くしないでごみ屋敷状態になった自分の部屋をマリンタクトで浄化しようとした
マリンのアホ話ですので、
待たされた割には、しょーもない話でしたね・・・
だけどいかにもマリンらしい話であり、
ごみ屋敷と化した汚い部屋でもぐーすかぴーすか寝ていられる
えりかの最強伝説を証明したような回でもありました。

ハートキャッチは、ピンクプリキュアの声優さんが水樹奈々ということもあり、
シリーズを通しても、ややブロッサム優遇の傾向があったせいか
全ての回の中で、マリン単独変身というのは実はわずか3回しか無いのです・・・
その貴重な回の一つが、まさにこの回であり、
マリン好きな人にとっては
ある意味堪らない回だと思います・・・






月刊アニメージュ12月号は「ドキドキプリキュア」の特集号でしたけど、
その中で「歴代プリキュアの中での青系プリキュアの魅力」について語られている記事が
ありました。
青プリキュアと言うと、
現役の「ドキドキ」の六花さんに象徴されるように、
頭脳明晰成績優秀・礼儀をわきまえ、知的でクールで、おしとやかというのが
一般的なパターンなのですけど、
その点、ハートキャッチの青プリキュアのえりかというかマリンは、
伝統的青プリキュアの概念を全て覆したというか、
大の勉強嫌い・知的要素はあまりなく、おせっかいで、ズケズケ物事を言い、
感情はストレートに出し、お調子者で、おてんば娘・・・
要は、知性の青系プリキュアとしては、全く異端というのが
面白いところだと思います。

だけど、マリンって「AKB総選挙」ならぬ「プリキュアオールスター選挙」では
毎年他のプリキュアを抑えて、一位ゲットなのですから、
やはり異端と言うのは、
裏返しで言うと、それだけ人気がある証拠ですからね・・・

自分自身もハートキャッチが2010年にリアルタイムで放映されている間は
やはりマリンが一番好きでしたからね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/870-bbd7f7a3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |