FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


「ドキドキプリキュア」は終盤に来ているのに、
謎の方向性が見えてきませんね・・・
歴代プリキュアでは、終盤の大ドンデン返しとか謎の未解明というパターンはむしろ少なく、
せいぜい、SSでの「真の黒幕はゴーヤーンだった」とか
フレッシュでの「メビウスの正体は実は人間が作り出したコンピューターだった」とか
その程度でしたし、
謎みたいな要素も、「スイート」での黒仮面のプリキュアの正体は誰・・・?程度くらいでした。

だけど「ドキドキ」の場合、
「レジーナとは一体何者なんだ・・・??」という最大の謎は全然方向性が
見えてきませんよね。
というか中々予想がしにくい・・・

前回の放送で、冒頭でベールが
「こいつジコチューではないのか・・・」という発言がありましたけど、
あれは意外と真実を突いているのかもしれませんよね。

ま、結局は、
「ジコチュー意識は誰の心の中にもある」
「レジーナの中にも、愛と憎悪の両方があるけど、それは本来誰もが有しているもの」という
感じにまとまるのでしようけどね・・・
例えば、初期の頃の神回とも言える「転校生は国民的アイドル」の回で、
六花さんが真琴に対して「焼きもちの心」を感じ、心がチクッとなったように、
そうした相反する感情というものは、人間誰しもが持っている、だけど「愛」の感情が
憎しみの感情をセーブできれば尚いいかもねという事を
最終決戦時にメインテーマとして
持っていくのかな・・・

「ドキドキ」は歴代プリキュアの中でも珍しいくらい、色々と難しいテーマを内在し、
ギャグ的要素が歴代の中でもかなり弱められた印象もありますけど、
確かに、
「愛とは・・・」とか
「敵とは友達になれないのか」とか
「自己犠牲とは・・・」とか
「ジコチューと自己愛の境界点はどこにあるのか」などという
重たいテーマを扱っていると、
前作「スマイル」みたいにシリーズを通して「能天気」みたいなことは中々
出来にくかったのかもしれませんよね。

私が今年一番はまったアニメと言うと、
「ドキドキプリキュア」は勿論の事、
他にも「デート・ア・ライブ」とか「物語シリーズ」とか
「俺の彼女と幼馴染が修羅場過ぎる」とか「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」とか
色々ありましたけど、
特に印象に残ったのは「絶対防衛レヴィアタン」です。
このレヴィアタンのナレーションの中で、
「悪と呼ばれるものにも善はあり、善と呼ばれるものにも悪はある」というのが
ありましたけど、
この言葉は、意外ともしかして
レジーナの本質を突いているのかも・・・??







話は変わりますけど、
歴代プリキュアで、「謎の要素」というと
最近では、
「スイートプリキュア」の黒仮面の正体は誰・・・なんてのがありましたよね。
あれって、初期の頃、
「もしかしてアフロディテ様・・・??」なんて考えていた時期もありましたけど、
消去法で考えていくと、
結局はアコちゃん以外ありえないのですよね・・・(笑)
スイートが勿体なかったのは、アコちゃんというかキュアミューズの登場が10月頃で
追加戦士としては、かなり遅い登場だったと思います。
あと一か月程度早く登場し、響や奏に絡んでいければ
もう少し物語が引き締まったのかな・・・と今にして思うと
感じることがありますよね。

あ、だけどスイートの最終回なんて、
まさに
「悪と呼ばれるものにも善はあり・・・」そのものの世界ですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/852-449fe674
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |