FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


仙台から自宅に戻ってきて真っ先にしたことは、
録画しておいた11/17の「ドキドキプリキュア」を見る事でした。
全く、相変わらず何やっているのでしょうね・・・(笑)
でも見てびっくり・・・
色々と突っ込み所は多いし、新しいアイテムは登場するし、
何かレジーナとエースには「秘密」がありそうだし・・・

だけど「ドキドキ」も後10回程度で一年間の放送が終わってしまうのですよね。
確かに次期9代目の「ハピネスチャージプリキュア」が確定しているから、
ドキドキが最終回を迎えても、どうせ一週間後には
新しいプリキュアに目が向いてしまうのは、毎年の恒例ですので仕方がないのですけど、
何か寂しい気もします。

今回は、まこぴーが主役の回でした。
最近「ぼんこつまこぴー」の名前が定着化しつつあり、
初期の頃の孤高さが影をひそめ、ポンコツ傾向がひどかったのですけど
今回はそうした最近の汚名(?)を挽回されてくれる感じでした。

やはりキュアソードはこうでないと・・・






今回、剣崎真琴の新曲発表という回でもありましたけど、
真琴の声優さんは、プリキュア5でエンディングテーマを歌っていた人でしたので、
元々歌は上手い感じがありました。
プリキュア5では、うららが歌手デビューを果たし、2年間でCDを2枚出していましたけど、
残念ながら、こちらの歌の方はあまり印象に残るものが無い感じがします。
だけど、真琴の場合、前作「ソングバード」も今回のバラード調の曲も
歌自体が上手いせいもありますし、曲自体が出来が良いせいもありますが、
中々感銘度が高い曲のようにも感じます。

新曲発表時の衣装も中々可愛かったけど、
キュアソードの姿から、新曲をレジーナに聴かせるために真琴の姿に戻り、
そして再度戦闘のためにソードの姿に戻る過程の中で、
真琴の髪の毛が微妙に揺れ動く様子は、
見ていて「美しい!!」感じるほどでした。
ま、もともと真琴は歴代でもトップクラスの美人プリキュアですし、
最近のポンコツ振りは、何か製作者側の意図と言うか悪意があったとしか言いようが
ないのですけどね・・・(笑)

そう言えば、
キュアソードの単独変身シーンとか
「あなたの野望を断ち切って見せる」なんていう口上も
ホント、半年ぶり以上と言うか、久しぶりに見れましたね。
真琴の普段の日常生活の一端と言うか、
ダビィとのマンション暮らしの様子も丁寧に描かれているのも何か好感が持てました。
そうそう、初期の頃に、真琴に焼きもちをやいた同じ事務所の「たらこ唇」のはるなも
すごい久しぶりに登場していましたね。
(ドキドキの場合、ゲストキャラも一回限りではなくて、京田さんとか純君とか来週再度出てくるれいなとか
 使い捨てにしていないところが素晴らしいと思います。)

だけどそれにしても新しいアイテムがこの時期に登場していたのは
予想外でした。
歴代では、大抵こうした事は最終決戦時に起きるのですけど、
こんな早い時期に投入して良いのかな・・・
それともクリスマス商戦での玩具売上アップのために
新アイテムを登場させる大人の事情なのかな・・・??

ま、それはどうでもよいのですけど、
全員に天使みたいな羽が生えましたけど、
あれはどうみても「天使」以外の何物でもありませんよね。
特にハートとダイヤモンドの二人は
「マジ天使!!」と心の中で叫んでしまいました・・・

それにしてもやはりカギを握るのは「レジーナ」ですね。
一体この娘は何なのだろう・・・
ベールが冒頭言った通り、
もしかして実は「ジコチュー」ではないのかも・・
そうなると本当の正体とは・・・??
そして父親との決着と言うか、落としどころはどこに設定するのだろう・・・

うーん、「ドキドキ」は、
幼児アニメかもしれないのだけど、意外とテーマが深くて
難しい問題も内在しているので
まだまだ楽しませてくれそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
近々ブログで書く予定ですが、コメントでフライングします。
レジーナはベールの思ったとおり、ジコチューではないと思います。
私の私見では、「古の時代に3種の神器を使った伝説のプリキュアの一人」なのではと予想します。
あの槍は元々からレジーナの物で、正当な所有者だったと言うことです。

年代が合いませんが、幼女が美少女に変身したり、天使の羽が生えたりするミラクルパワー全開の世界ですので、キングジコチューの不思議パワーで、成長や老化が止まる事はあってもおかしくありません。
この予想……当たるといいのですがね。ずっと外れてばかりですから(笑)

となると、キングジコチューとレジーナの間で何があったのか? という新たな疑問も出てきますね。

「ドキドキ」は予想が難しい・・・

なるほど・・・
レジーナが「伝説のプリキュアの一人」で、元の所有者だから簡単に引き抜けたというのは
確かに一理ありますよね。
でもそうなると、キングジコチューとレジーナの本当の関係はどうなのだろう・・・という疑問も
残りますし、「ドキドキ」は中々予想が難しいですよね。
こんな終盤まで来て、謎の方向性が見えないのも、プリキュアシリーズでも珍しいと
思います。
やはり一番オーソドックスな解釈は、「善と呼ばれるものにも悪はあり、悪と呼ばれるものにも善はある」
という感じなのかな・・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/851-5a9be5bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |