FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


11/10の「ドキドキプリキュア」は、先週が放送お休みでしたので、二週間ぶりとなりましたので
すごく楽しかったです。
予告編だけを見てみると、何か急展開みたいな感じもありましたし、
「え、実はジョー岡田は敵だった・・・」みたいな大どんでん返しとか
「ドキドキ」の今後のカギを握る最大の重要人物、レジーナとの戦いが待っている?
みたいな事前の予想もあったのですけど、
実際は、「ベールはやはりマヌケ幹部だった・・・」みたいな感じで終わりましたし、
ジョー岡田に関しては特に新しい情報なしという感じで
終わってしまいましたね・・・





だけど、今回一つ面白かったのは、
やはり現役の「ドキドキ」のメンバーは全員聡明で、前作「スマイル」のメンバーがいかに
ボンクラであったかを何か感じさせるものがありました。

結果としてベールがジョー岡田に化けていたのですけど、
マナ達4人もランスを含む妖精たちも早い段階で、その正体に気が付いていました。
例えば、マフラーやエプロンの色が違うとか、
普段発しない言葉や表現を使用するとか、
本来有している能力以上のものを発揮しているとか等の理由で
いち早く勘付いてはいました。

だけど、もしも全く同じ状況だったら、
前作「スマイルプリキュア」のボンクラメンバーだったら、
ベールあたりでも簡単に騙せ通せた可能性が濃厚のような気がします・・・
ま、スマイル組は、ビューティさんを除いては
ほぼ全員「おマヌケさん」ですからね・・・

スマイル組のビューティさん以外は全員アホを立証したエピソードは、色々ありましたけど、
やはり、第16話の「問題を出すアカンベエに対して、全員アホ丸出しの回答をした回」とか
夏休みの宿題をビューティ以外は全員提出できずに、全員居残り補習を受けさせられたとかが
強烈でしたね。

だけど、そのアホ全開さが、スマイルのいい所であり
魅力ではありますよね。

ついでに書いてしまうと、歴代プリキュアでは、妖精系にも色々タイプがいましたけど、
マヌケ系に属するのは、
やはりスイートのハミィとスマイルのキャンディなのかな・・・
キャンディは子供だからいいとして、
やはり最大のマヌケ妖精は、ハミィで「けってーーい!!」(夢原のぞみ風)
なのかもしれませんよね。

だけど「ドキドキプリキュア」が奥深いと感じさせる要素は、今回も色々とありましたよね。
その一つが、子供の虐待というものがあるかもしれません。
虐待する親の子供というものは、意外とその親自体をかばったりするもの・・・
「親が悪いのは、実は自分が悪い子だからではないのか・・・?」
「本当は、父親はいい人」
「自分がしっかりと親を支えていないと、この人は本当にダメになってしまう」
要は、ストックホルム症候群みたいな事が、家庭内で起きている事もあるのです。

勿論「ドキドキ」の場合、それが全ての問題と言うのではなく、他に色々と謎の要素とか
問題提起があったりするものですが、
それにしても、とても日曜の朝八時半からの子供向け番組とは思えないような
内容もありますよね。

そうした少し難解な要素があるから、メンバーも前作とは違って
ある程度聡明な子達を揃えて置く必要が製作者側にあったのかもしれませんよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/833-4adc27d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |