FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


プロコフィエフは、作曲ジャンルは幅広いものがあり、
交響曲・協奏曲・室内楽・ピアノ曲・歌劇・バレエ・管弦楽曲・映画音楽と
さすが多才ぶりを遺憾なく発揮しています。
何となくですけど、プロコフィエフは、ピアノ曲とバレエ音楽と相性が良かったのかなとも
思います。
特にバレエ音楽なんて、
「ロメオとジュリエット」・「シンデレラ」など不滅の名作が残っていますし、
ピアノ曲には、「戦争ソナタシリーズ」なんていう素晴らしい作品群がありますからね。

そんな中、映画音楽として作曲され、後日それを組曲化した作品の中では、
交響組曲「キージェ中尉」が素晴らしい作品だと思っています。
この組曲は、ともすると「難解」とか「全体的に節操がない」とか「過激」とか言われがちな
プロコフィエフの作品の中では
例外的ともいえるくらい、非常に分かり易く親しみやすい作風となっています。
というか、シリアス的要素は皆無で、
映画のストーリーがどちらかというと軽いコメディータッチのせいもありますが、
音楽も非常に楽しく、明るい感じのものとなっています。

ストーリーは簡単に言うと、
帝政ロシア時代のある皇帝の「勘違い」から始まった物語とも言えます。

皇帝が昼寝をしてうとうとしていると、突然女官の悲鳴が聞こえてくる・・・
皇帝は、廷臣達に
「本日の見回り当番は誰なのか」と尋ねると、
「ポルーチキ……ジェ(中尉……です)」と答えたのを,
皇帝は「ポルーチク・キージェ(キージェ中尉)」と聞き違え、
その結果、「そうかキージェ中尉が、自分の睡眠を妨害した奴なのか」と憤慨し、
ここに架空の人物「キージェ中尉」が誕生してしまうのです。

そして、皇帝の命令でキージェ中尉は、シベリア流刑になってしまう・・・

ある日、皇帝は
「もしかしてキージェ中尉は、暗殺者の存在に気が付き、女官に悲鳴をあげさせたのではないか?
案外とキージェ中尉は、忠義心に厚いイイ奴ではないのか」と
勝手に自分の頭の中で妄想してしまい、

「キージェ中尉をシベリアから呼び戻せ」
「キージェ中尉を昇進させよ」
「キージェ中尉にお似合いの花嫁さんを探せ」とか
廷臣達に色々と無茶難題を押し付けてくるので、
廷臣達もしまいには面倒くさくなり
「キージェ中尉殿は、急死しました・・・」という事にしておき、
映画のラストは、キージェ中尉の葬式のシーンで終わります・・・

ま、皇帝の勘違い一つで国中がドタバタしてしまう「皮肉」を描いたものとも
いえるかもしれませんけどね・・

この交響組曲「キージェ中尉」は、

Ⅰ.キージェの誕生

Ⅱ.ロマンス

Ⅲ.キージェの結婚

Ⅳ.トロイカ

Ⅴ.キージェの葬送行進曲

以上の5曲から構成されていますが、概ね物語を再現していますよね。

Ⅰの中間部の大太鼓連打とか、Ⅲのトランペットのソロとか
Ⅳのテナーサックスのひょうきんさなどが
一つの聴き所なのかなーとも思います。
指揮者によっては(例/小澤さん)
Ⅳのテナーサックスのソロを合唱のバリトンで代用する人もいたりしますが、
これは歌よりもテナーサックスの方が断然いいように
私は感じます。

この曲をCDで聴く場合、
やはり、ジョージ=セル/クリーブランド管弦楽団が断然いいですね。
それと、ヤルヴィ指揮/スコットランド国立の演奏も
素晴らしいと思います。

この曲、こんなに楽しい曲なのに、
意外と生の演奏会では演奏されないのですよね・・・
唯一聴いたのは、沼尻竜典指揮/日本フィルの演奏だけです・・・

ちなみにⅣ.トロイカでは、鈴がシャンシャンと終始鳴り響き、
これがいかにもトロイカらしい感じがよく出ています。
トロイカのトロンボーンの扱いも、ホント上手いなーと感心してしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/828-707d4624
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |