FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


イギリスの作曲家、B.ブリテンというと
どうしても「青少年のための管弦楽入門」とか
歌劇「ピーター=グライムズ」があまりにも有名過ぎて、そこばかり取り上げられるような感じも
します。
ブリテンは、作曲家なのですけども指揮者としても相当才能があったみたいで、
特にモーツアルトの交響曲で素晴らしい演奏を色々と残しています。
だけどブリテンの音源は、レコードのものが多く、意外とCD化されていない録音も色々あったりして
何か勿体ないような気もします。

ブリテンは、色々な分野で優れた作品を残していますが、
勿論「シンフォニー」の分野でも素晴らしい作品を残しています。
だけど面白い事に、ブリテンの「シンフォニー」というのは、
一般的形式の「交響曲第〇番」という表記は一つもありません。

ブリテンの交響曲は確か全部で四つほどあったと思いますが、

1.シンプルシンフォニー

2.春の交響曲

3.シンフォニア・ダ・レクイエム(鎮魂交響曲)

4.チェロ交響曲

といずれも「交響曲第〇番」という形式は用いていません。
このあたり、多少皮肉屋とか妙なこだわりがありそうなブリテンらしいと言えば
ブリテンらしい話ではありますけどね。

1は、作曲家として駆け出しの頃のデビュー曲みたいな感じ
2は、交響曲というよりは「オラトリオ」みたいな合唱が主体の曲です。
4は誰がどう聴いても、これは「協奏曲」です。

で、結局一番交響曲らしい交響曲と言うのが
3の「シンフォニア・ダ・レクイエム」なのですけど、
これだって、どちらかというと組曲とか交響詩に近いような感覚ですし、
決して形式ばったものではありませんけどね・・・

実はこの「シンフォニア・ダ・レクイエム」は、日本とはかなり深い経緯を有しています。

戦前において、日本が「紀元節2600年」を迎えるにあたって、
当時の日本政府は、世界各国の作曲家に
「この紀元節に相応しい祝賀的な曲を書いて欲しい」と委嘱をしていますが、
これに応対してR.シュトラウスとかイベールが委嘱作品を書き下ろしています。
この中では、イベールの「祝典序曲」が一番有名かな・・・?
ブリテンも日本政府からの委嘱に応える形で
作曲したのが、
何とこの鎮魂交響曲とも言える「シンフォニア・ダ・レクイエム」なのです。

でもこれってある意味「いい度胸」していますよね・・・
だって祝典的な曲を求められているのに
それとは正反対の死者の魂を慰める曲を提出しているのですから・・・

当然のごとく、
日本政府からは抗議文と共に、「演奏不可」の回答が送られ、
紀元節2600年の祝賀行事では、この曲は演奏されませんでした。

私自身もこの「シンフォニア・ダ・レクイエム」は
尾高忠明指揮/読売日本で二回ほど聴いたことがありますけど、
出だしのティンパニーの悲壮感溢れる叩き付けから開始されるなど
曲全体は、決して祝賀的な要素はありません。
どちらかというと「痛い」曲です。

日本で、この曲が初演されたのは、それからずっと後の話です。
N響の定期演奏会で初演されましたが、その時の指揮者は、
いうまでもなくブリテン自身です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/826-43b02bb9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |