FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


エルガーというイギリスの作曲家は、
日本では、行進曲「威風堂々第一番」とか「愛の挨拶」で有名な作曲家ですが、
イギリスでは、
「パーセル以降優れたクラシック音楽の作曲家を産み出していない音楽後進国」という汚名を
吹き飛ばしたという意味で、大変尊敬を集めている偉大な作曲家です。

自分自身もエルガーは、「威風堂々第一番」で聴くきっかけとなったのですけど
(高校の卒業式は、必ず吹奏楽部は、卒業式の入退場のBGMでこの威風堂々第一番を演奏する
 伝統がありました・・・)
その後、交響曲第一番とかチェロ協奏曲とかエニグマ変奏曲などで
更に親しんでいくことになりました。

だけどエルガーと言うと、個人的には交響曲第二番が一番大好きです。

この交響曲は非常に長大で52分以上演奏時間がかかり、
交響曲第一番と比較すると、ややとっつきにくいせいもあり、
日本で演奏されることはあまりありません。
私自身、この曲は二回しか生で聴いたことがありません。
二回とも、大友直人指揮/東京交響楽団でしたけど、
最初にこの交響曲を聴いた時から、何かこの曲の魅力に惹かれてしまったという感じは
あります。

この交響曲第二番は、元々は国王エドワード7世に献呈される予定の曲でしたけど、
完成前に崩御されたので
結果的に「追悼」のシンフォニーとなってしまいました。
この曲全体を貫く「不思議な哀愁」はそうした背景があるのでしょうね。
どちらかというと一番が「前向き・華やか」であるのに対して
二番は、「過去の栄光を振り返るような後ろ向き・渋さ」があるような感じがしますし、
何か「回顧録」みたいな香りのする音楽です。
第一楽章の出だしだけは、貫禄に満ちた「王者のゆとり」みたいなものを
感じてしまいますし、
第二楽章の気品に満ちたアダージョはいかにも「国王への追悼」に相応しい音楽です。
第三楽章はかなり派手なスケルツォ
そして終楽章は、ゆったりとした音楽ながらも
部分的に盛り上がる中、最後は静かに音楽を閉じる感じは
やはり「追悼・回顧」を感じずにはいられません。
ホント、ラストは「しみじみとしたもの」を感じ取ってしまいます。

CDで聴く場合、
個人的には、B・トムソン指揮/ロンドンフィル(シャンドス盤)がお気に入りです。

エルガーと言うと、愛妻家という側面もあります。
エルガーよりも8つ年上の姉さん女房なのですけど、
アリスという奥様は、知的で控えめで、エルガーを献身的に支えた人という話はよく聞きます。
エルガー自身、決して裕福な家庭で生まれたわけではありませんし、
専門的な音楽教育を受けた事は皆無です。
独学で学んだという事がすごいと思います。
一方アリスは、サーの称号を持つ陸軍将校であり、
こうした身分的な格差や家柄の違いにより、当初二人の結婚は周囲の大反対があったらしいです。
アリスのヴァイオリン教師として、最初の接点があり、
そこから徐々に愛が芽生えていったと思われますが、
エルガーは、周囲の大反対を押し切る形でアリスとの結婚を決意し、
同時に、
「いつかは作曲家として自立し、世間から尊敬を集める作曲家になりたい。そしてアリスの父親みたいに
名誉・世間からの尊敬を集められるような人物になりたい」という
自分自身に対するプレッシャーをかける事を決意したのだと思います。

色々と苦労はありましたが、
エルガーが最終的には、サー・準男爵・名誉音楽博士などの様々な栄誉と称号を手に入れ
どこからみても「尊敬を集めるすきのない紳士」になったのも
この結婚があったからなのかもしれませんね。

大作のチェロ協奏曲の完成後、最愛の妻が亡くなってからは、
歌劇・交響曲第三番・ピアノ協奏曲などがほとんど未完に終わり、
奥様の死後は、ほとんど完成された曲は残していません。

結果的に交響曲第二番が最後の交響曲となつてしまったのですけど、
この交響曲の「哀愁」を思うと
むしろ最後に相応しいのかもしれませんけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かに

「威風堂々」
これ、絶対演奏する、する(笑)
やっぱり、どこの吹奏楽部も演奏するんですね。
てっぱんてやつだ~!

威風堂々第一番

卒業式とか入学式等の式典のBGMマーチの定番と言うと、
1.威風堂々第一番
2.ラデッキー行進曲
3.行進曲「士官候補生」
あたりが定番でしょうかね・・・
高校生の頃は、卒業式の際は、吹奏楽部だけ一番後ろに陣取り
入退場行進・校歌・式典開始のファンファーレを演奏していましたね。
そして退場時に「威風堂々第一番」を演奏していましたけど、
1~2年生の時は、
「これで目の上のたんこぶがいなくなる・・・」と内心ニコニコしていた面もありましたけど、
実際自分が卒業する際に、このマーチを聴くと、
何か感慨深いものはありましたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/824-74166419
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |