FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


ネリベルというと既に1970年代より多くのチームがコンクール・コンサート等で
演奏していますけど、
2000年代以降も散発的ではありますけど、全国大会でネリベルを自由曲に取り上げるチームもあり、
ネリベルファンの自分としては、大変嬉しく感じるものです。

ネリベルと言うと、どうしても「二つの交響的断章」、そして1979年の市立川口高校の
怒涛の不滅の圧倒的名演を後世まで語り継ぐのが
私の役割と勝手に自負している次第です・・・

だけどネリベルと言うと、
忘れてはいけない名曲と言うと「アンティフォナーレ」・「フェスティーヴォ」もそうですけど
それ以上に「交響的断章」というもはや吹奏楽の古典的オリジナル名曲の一つとも言える
「交響的断章」を忘れてはいけないと思います。
クラリネット奏者だった頃、
「音楽とは美しく響かせるもの」とか
「ハーモニーが大切」とか
「優しさも激しさも甘美さも音色から生まれる」と
漠然と考えていたりもしていましたが、
「不協和音も響かせ方によっては美しく響く」という事を自分に認識させるきっかけを
作ったのは、ネリベルの「交響的断章」だったと思います。

自分が初めてネリベルの「交響的断章」を聴いたのは、
1982年の宮城県大会だったと思います。
確か石巻工業高校が自由曲にこの曲を取り上げ
「へー、こんな難解で訳の分からない曲でも、響かせ方一つでこんなにオルガンのように
荘厳に響くものなんだ・・」と驚いたものです。
ちなみに石巻工業は、宮城県代表のチームで初めて全国大会に出場したチームです。
この年の全国大会で、愛工大名電高校(当時は名古屋電気高校)が自由曲にこの曲を取り上げ
素晴らしい名演を残しています。

「交響的断章」は、冒頭からガツンと強烈な不協和音で開始されます。
正直、この冒頭だけで、当時の自分なんか脳みそがノックアウトされたものです・・・
前半は、とにかくメカニックというか無機質な機械的な音が響き渡りますが、
やはりこんな不協和音でも響かせ方によっては
オルガンの音のように荘厳に重厚に美しく響くものなのですよね・・・
そしてこの曲の一番興味深い所は
中間部で、シロフォーンがまるで「シロフォーン協奏曲」みたいにバックの管楽器を差し置いて
大活躍をします。
ラストは、壮大な不協和音の塊でズドンで終わられます。

前回取り上げたギリングハムも「不協和音」とか「メロディーラインの不明確さ」はネリベルと
大体似ているのですが、
ギリングハムの場合、無機質の中にも、コラール的要素とかメッセージ性を盛り込んだり
抒情的な歌を盛り込んだり、
「人間としての感覚」の要素も相当あるのですけど、
ネリベルの場合、ホント人の感情が入り込む隙間がないほどの無機質・メカニックな
感じですけどね・・・
だけどネリベルの場合、
多くのクラシック現代音楽が陥り易い「音の羅列」だけではなくて、
そこにダイナミックレンジの幅の広さという要素を強烈に盛り込んでいますから、
印象度としても音楽の中身としても
素晴らしいものがあるし、人の心を打つ何か魔物みたいなものが曲の中に
潜んでいるのだと思います。

「交響的断章」は、やはり1982年の名古屋電気が最高の名演だと思いますが、
最近では1998年の山崎西中とか2008年の駒沢大学も悪くない演奏だと
思います。
この曲を最初に取り上げたのは、1973年の名古屋電気と思っている方も多いとは思いますが、
実は1971年に高松商業が取り上げています。

でもこの曲の打楽器奏者は大変そうですね・・・
奏者全員が「機敏な瞬発力」を求められそうですし、
結構これが演奏の良し悪しにも直結しそうな感じもありますね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

久しぶりに書き込みします。

昔、旧の兵庫県山崎町の山崎西中の近くに住んでいたので、そこからたどってきました。
20年近く前のコトですが、ちょうどその時期に住んでたんですよね、山崎町に……でも、「全国大会で金賞受賞」って記憶になくて。アパートの大家さんの子どもが、そのころちょうど中学生くらいでしたので、話題にしてたのかもしれませんが、それなら記録CD買ったりしてそうにも思って。

今、この時の演奏を聴くすべは無いのですが、そこそこの演奏だったんですよね?全国大会で金賞受賞ですものね……

指揮の先生が優秀な方だったんでしょうが、記録は数年しかたどれないですね。生で聴いてみたかったなぁ……残念……

がみ様、ご無沙汰しております!

がみ 様


お久しぶりです!

以前ショスタコの5番とサン・サーンスのオルガン交響曲でコメントを頂きありがとうございました!

山崎西中のネリベルの交響的断章は大変強烈な印象でインパクトのある名演だったと記憶しております。
確か今現在は、町立→市立と校名が一部変っていたような記憶があります。

この演奏ですけど、ニコニコ動画で視聴できたと思います。

この当時の「日本の吹奏楽シリーズ」はソニーから発売されていましたけど、アマゾン・ヤフオクで探していれば
たぶん見つかりそうな気はします。

がみ様は確かティンパニ奏者だったと思いますが、この交響的断章のティンパニも部分的にソロ的にかっこいい連打があり、
こちらも大変インパクトが大きかったと思います。

コメント頂きありがとうございました!!

はい、ずいぶんごぶさたしておりました。
しかし、プリキュア色が濃いですね(^-^;→褒めてます......

山崎西の演奏は、時間の有る時に観てみます…...

いろいろと調べてみましたが、
・この時の先生はもう亡くなられていること
・全国大会初出場で金賞
・マーチングも上手かったらしい…...
などがわかりました。
先生は3-4年前に、在職のまま亡くなられたらしくて、各方面から惜しまれていたようですね。

この山崎西中って、旧の山崎町、現在の宍粟市の中心部に有りまして、優秀な先生を呼びやすい?環境下だったのかもな?などと想像しました。

兵庫県は、今でも吹奏楽のレベルは高いと思いますが、田舎の中学がいきなり全国レベルになれたのは、この先生の手腕だったのでしょうね?
小編成ながら、積極的に現代曲を取り上げているという、一宮北中も宍粟市内なんですよね。なかなか不思議です。

また、思い出したように書き込むと思いますので、よろしくお願いします!

兵庫県は・・

がみ 様


山崎西中に限らず日本の吹奏楽コンクールのスクールバンドというのは指導者の先生が異動・ご逝去・勇退等で
退かれる事で翌年以降は演奏も成績も全然違ってきますので、
山崎西中の指揮者の先生の件は大変もったいない感じもありますよね。
同時にその先生のご冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います。

今現在は違いますけど、1980年~90年代の兵庫県の高校の部は公立高校の大健闘が光っていました!
兵庫・神戸・御影・西宮・明石北・明石南・尼崎東・尼崎西など私立ではなくて公立校があんなにも数多く全国大会に
出場し素晴らしい演奏を聴かせていたのは本当に素晴らしかったと思います!

また思い出したように書いてみますね……

1984年の兵庫県吹奏楽コンクールの高校の部に出場してました。

さすがにこの頃の、各校の演奏曲や結果はネット上でも出てこないですが、上手なところは本当に上手かったです。

思い出すのは、「呪文と踊り」でクラベスを舞台上に持ってくるのを忘れたらしく、そこが無音だった学校が有った事ですね。あんな事故?!有るんだ……

賞の結果は覚えてませんが、銀か銅でしょうねぇ……

1980年代の兵庫県

がみ 様


今現在の関西大会の概要はとにかく大阪府代表ばかり全国大会代表をさらっていく感じが濃厚ですけど、
がみ様が出場されていた1980年代のコンクールは、大阪の淀工や奈良の天理だけでなく、ここに
兵庫県の神戸・兵庫・西宮・御影・尼崎西・尼崎東・明石北といった公立校が食い込んでいましたので、
その公立校の獅子奮迅振りには頭が下がる思いで一杯ですね!

1984年の神戸のサロメ~七つのヴェールの踊りとか兵庫のフェスティヴァルヴァリエーションは本当に
素晴らしい演奏だったと思います。

呪文と踊りのクラベスのセッティングミスは笑ってしまいますけど、そうしたミスはコンクールにはつきものなのかも
しれないですね。
私が見た中で一番笑ってしまったのは、トロンボーン奏者のスライドが勢い余って飛んで行ってしまったり、
サスペンダーシンバル奏者がスタンドに足を引っ掛けて本番中に転倒しどんがらがっしゃーんとすさまじい音を
立てていた事でした・・
(全国大会でも1980年に山王中学校がそうした事故をやってしまい、レコードにもその音がしっかりと収録されています!)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/815-6aa1b5f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |