FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


ギリングハムというと、1990年代後半から日本でも馴染みのある作曲家となり
今ではコンクールでもしばしば聴かれるようになりましたね。
最近では、「With Heart and Voice」がよく演奏されていますよね。

ギリングハムというと、結構難解とか、表現が難しいとか抽象的すぎるとか
「結局何を言いたいのかよくわからない」等の声を聞くことも多々ありますけど、
私は、ギリングハムというと
「メッセージ色の強い作曲家」というイメージを持ってしまいます。

この「ベトナムの回顧」もそうてすし、「目覚める天使たち-エイズ、死せる者へ捧ぐ」もそうですけど、
その最たるものが、
「And Can It Be? ~ 米国「コロンパイン高校銃乱射事件を題材にした、
 神が愛なら、どうしてこんな悲劇が起こるのか」という
ウルトラ級に長いタイトルのこの曲でしょうかね・・・

ギリングハムを最初に聴いたのは、確か1997年の磐城高校の
管楽器と打楽器のための交響曲「黙示録による幻想」だったと思いますけど、
ネリベル以上の静と動の落差のすさまじさと圧倒的な負のエネルギーに驚いたものでしたけど、
曲としては、緊密な構成と表現力に秀でた素晴らしい曲だと思います。

交響詩「ベトナムの回顧」は、副題として「ヒーローズ ロスト アンド フォーレン」という
タイトルが付けられていますが、
要は戦争というものには、敵も味方も勝者も敗者も存在しない、元々人間が行ってはいけない行為の一つだ
という事なのでしょう。

曲としては、全体的にはピアノ・チェレスタの鍵盤楽器と
トムトム・ヴィヴラフォーン等の打楽器が終始大活躍をします。
出だしはもやもやした感じから始まりますが、
ここでもピアノがいい働きを見せています。
展開部のチェレスタの神秘的というか、俗世間を乖離させたような響きが極めて印象的です。
中間部で戦闘シーンを想起させる激しい描写もありますが、
この戦闘シーンが終わった後での
しっとりとした歌があり、最後にコラール風に聴かせる部分があったり、
メカニック的な部分としっとりと歌い上げる部分の対比が非常に面白く、
この辺りがこの曲の持つ魅力なのかもしれません。

解釈としては、強弱・明暗といったコントラストを重視したメカニック的な演奏もいいかもしれませんし、
ラストの讃美歌みたいなコラールを強調した抒情的に仕上げる方法もあると思いますし、
色々な表現方法があるのかもしれません。

この曲は、全国大会では、関東一高・玉川学園・上磯吹奏楽団の3団体が取り上げていますが、
どれも一長一短があり、必ずしも「決定打」はないかもしれませんが、
銅賞ながらも玉川学園が、割とコラールをしっとりと歌い上げた心にしみる演奏を
残しています。
このチームのラスト近くのオーボエの哀愁を帯びた音色は
かなり印象に残っています。

ま、だけど総合力では95年の関東一高の「渋さ」には勝てないかな・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

このブログを見つけ、徹夜しました(笑)

ギリングハムは藤林先生時代の最高峰だと思います。

長かった低迷期の磐城を再生、全日本常連にさせたんですから凄い先生ですよね。勿来時代から注目してました。

上手くなった磐城を引き継いだ根本先生はラッキー(笑)はい、言い過ぎですね、すみません。根本先生も素晴らしいです。

ですが磐城高は藤林先生時代の方が好きです。
シルバーコレクター(大変失礼)の藤林先生が、数年前に初めて金賞受賞されましたよね。
あれは自分の事の様に嬉しかったです。
金賞が全てでは無いんだけどね。


藤林先生の黙示録に勝るとも劣らなかったのが埼玉大学。

都大会の代表が一つしか全日本に進めないのと同じくらい気の毒でしたよ。

いくら素晴らしくても文教を超えない事には、西関東大会にすら行けないんですからね。

埼玉大学

ま、元々最初に磐城を全国に導いたのは根本先生でしたけど、1981年のバルトークから
20年後に同じ自由曲で再度磐城を全国に導いた際は、感慨深かったと思いますね。
藤林先生を最初に聴いたのは、1981年の東北大会B部門の会津高校のパッサカリアでしたけど、
銀というには惜しまれるほど、完成度の高い演奏でした。
ギリングハムも良かったけど、95年の藤林先生指揮/磐城の
「この地球を神と崇める」も壮絶で凄惨な演奏で大変迫力がありましたね。

埼玉大はご指摘の通り文教大と被るから少し気の毒ですよね。
だけど1990年は、何と埼玉県大会では
文教が県でスカ金、埼玉が県大会を勝ち抜けそのまま全国に出場したレアなケースも
ありましたね。
あの時の近藤久敦氏自らの編曲と指揮での矢代秋雄/交響曲は
アレンジの上手さもあり、全国でも素晴らしい演奏を聴かせていましたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/814-c75c5af1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |