FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の土日で全日本吹奏楽コンクールの全国大会を含む全ての日程が
無事に完了しました。
好成績のチームも本番で思うような演奏が出来ずに悔いが残ったチームも
まずは「お疲れ様でした」と言う感じですね。
少しの間は、吹奏楽の事を忘れて、
たまには自分だけの時間を大切にし、ゆっくりとして欲しいものです・・・

吹奏楽関連だと後はマーチングの大会とアンサンブルコンテストですかね。

私が現役の頃は、12月辺りにアンコンの地区予選が開催され、翌年1月に県大会が開催されるというのが
一つのパターンとなっていました。
最近のアンコンは、聴く機会が全くありませんけど、
朝日新聞の記事何か読んでみますと、
地区予選クラスでも、
結構立派なホールを使用しているのですね。
何だかうらやましい・・・

以前、中学の頃の吹奏楽コンクールの地区予選は、
中学校の体育館で開催されたという記事を掲載したことがありましたが、
自分が高校生だった頃の仙台でも、
アンコンの地区予選は、高校の音楽室を借用しての開催でした。
そしてチューニング室も控室も普通の教室を使用していました。
聴衆何て10人いるかいないかのレベルでした・・・

自分が高校の時は、アンコンは二回木管五重奏で二回出場しましたけど、
一度は地区予選銀賞どまりで県大会には進めず・・
二度目は、地区予選金賞で、県大会に駒を進めたものの、県大会では銅賞でした・・・
二回とも地区予選は、高校の音楽室での開催でしたね・・・
会場の高校まで自転車での移動でして、
アンコンの際は、私は普通のB♭クラリネットとバスクラを持ち替えての演奏でしたので、
二つの楽器を前かごと後ろの荷台にくくりつけ移動したものです。
移動の最中に、奏者全員で、
たい焼き屋に寄り道し、
「演奏前に腹が減っては良い演奏も出来ない」とか言って
バクバクたい焼きをばくついていました・・・

やはり、田舎の高校生らしい記憶の一コマですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

あぁ~、なんて地味な。

やっぱり、音楽室だったのですね(笑)
アンコン自体地味ですからねぇ…(悲)
木管部門なんて、暗い曲調が多いせいか、聴いてて気が滅入るし眠いし…。
最近の広島地区は、区民センター大ホールで2日間にわたって行われます。
木管・金管・打楽器など多種多様で、それぞれ5重奏・八重奏と、これまた多種多様。
因みに娘は、木八です。
ただし、校内アンコンを潜り抜けないと地区予選に出られませんが。

年月を経て、懐かしく思い出せるっていいですね。
あの時のたい焼きの味は、きっと、ず~っと心の中に残るのでしょうね。

Re: あぁ~、なんて地味な。

確かに地味ですよね・・・(笑)
だって、前の演奏団体の時は、次の演奏チーム廊下で待機ですからね・・・
音楽室の引戸をスルスルッと開けて、
椅子に着席して、準備が出来たら演奏開始、そして演奏が終わったら
また音楽室の引戸をあけて退場という感じですから、
何か普段の「日常的練習風景」と変わらない光景でした・・・
だけど県大会に駒を進めると、いきなり宮城県民ホールの大ホールが会場でしたので、
バカ広いホールにガラガラの客席・・・
音だけが虚ろに会場に響き渡るある意味シュールな感じでした・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/807-00831c24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |