FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在テレビ埼玉では「ハートキャッチプリキュア」が再放送中ですけど、
現在既に文化祭の回まで終了し、
次回はプリキュア達の試練の回に突入です。

だけど改めて「ハートキャッチ」を振り返ってみると、
第10話の完成度が高く、この回は何度見ても
飽きないですね。
この回は、ストーリーが凝縮され、前半の回想とか丘の上でのプリキュアとしての自覚と決意のシーンとかさやかのサッカー部での砂漠の使徒の乱入とか、ダークプリキュアの登場とか、シプレとコフレの捕虜とか、プリキュア大爆発シーンとか、ブロッサム・マリンとダークプリキュアの初対決、そして完膚なきまでに叩きのめされるシーンとか、ゆりを見てのダークプリキュアの意味深な退場とか、ホント見所の多い回であり、ハートキャッチの中でもかなり好きな回の一つです。







まさに見所満載と言う感じです。
一番ラストで、ダークプリキュアが、ブロッサムとマリンにとどめを刺そうと思えば簡単に出来たはずなのに、ゆりの姿を見ると「そういうことか、面白い・・」といって立ち去ったのは、「未熟なプリキュア何ていつでも簡単に倒せるけど、バックにムーンライトが庇護しているというのなら今は見逃してあげる」という示唆だったのかな・・・?この回の一か月後に再度ブロッサムとマリンはダークに敗北し変身を強制的に解除させられ、この時は、サバークが「ムーンライトに関わるな」と厳命し、そのおかげで二人とも再度助かる訳なのですけど、これは、後で振り返ってみると、ダークとゆりは実は姉妹なのですから、サバークとしても痛し痒しという感じなのでしょうね。
序盤の二人のプリキュアは、よく敵幹部が使用していた「未熟なプリキュア」という言葉がぴったりですよね。序盤で二回も敵方に敗北し、完膚なきまでに叩きのめされるパターンは極めて珍しいですよね・・・大抵一度敗れても次回はやっつけるという王道パターンなのですけど、ハートキャッチは二度も敗れ去る・・・うーん、だけどここが面白い所。要は、つぼみとえりかの成長に合わせる形でプリキュアとしても後半にかけてグイグイ強くなっていきましたからね・・
序盤は色々な意味で未熟でも、「成長」というのがハートキャッチのカギなのでしょうね。
だけど最初にハートキャッチを見た時は、前作「フレッシュ」のメンバーの大人っぽさとのエライ違いに戸惑いさえ感じましたけどね。だけど一年経って「スイート」が始まった時は、逆に響達が大人っぽく見えすぎて違和感を感じましたけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/806-eb0c7772
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |