FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


マーラーの交響曲は、どちらかというと5番以前の作品が好きで、一番好きな作品は
1番「巨人」だと思います。
この曲はいいですよねー。第一音楽の構成が恐ろしく分かり易い。
第一楽章冒頭の夜明けのカッコー
第二楽章の気負い
第三楽章の「あーあ、嫌になっちゃうよー」
第四楽章の「今はダメダメだけど、今に見ていろよ、きっと自分だって・・・」

曲もそれ程長くないし
(というか第3番「夏の朝の夢」の100分が長過ぎ・・・)

そんな中、第6番「悲劇的」は正直あまり好きな曲ではありませんでした。
CDを聴いても、作曲者が何を言いたいのか、その意図が正直あまり見えないもどかしさは
ありました。


この曲を初めて聴いたのは、確か1997年の沼尻竜典指揮の新星日本交響楽団だったと
思います。
自分自身、音楽は極力生で聴くのが一番理想的と思っていますし、ライヴの高揚感はその瞬間に
会場にいたものでしか味合わない何かが潜んでいると思います。
第一・第二楽章は、現実が自分の意思とは関係なく突き進んでいかざるを得ない悲壮感が
漂っているのが何となく分かりました。

問題は第三楽章でした。

重苦しい第一・第二楽章の後だから、現実をしばし忘れさせてくれる「ファンタジー」が
充分感じ取ることが出来ました。
この楽章の頂点で牛の鈴(カウベル)がガラーンゴローンと鳴り響きますが、あれは恐らく
マーラー自身が、現実を一瞬忘れさせてくれる子供の頃の楽しかった思い出がフラッシュバック
したものなのかもしれません。

この辺りは正直生演奏でないと分からないかもしれません。

CDだけを聴くと、抒情楽章の中に用いられる特殊楽器としか思わなくても、
実際に打楽器奏者がカウベルを鳴らしている光景を見ると、「現実から一瞬でも逃避させてくれる
子供の頃の記憶」を表現しているのだなーと直感で分かってしまいます。

これは一つの視覚的効果なのかもしれませんね。

フィナーレに入ると、カウベルが再登場しますが、今回は子供の頃の楽しい記憶というよりも
過去を引きずっているという重い感じの方が濃厚です。
有名なシーンですが、ラスト近くで、ハンマーが板を叩きつけるシーンが出てきますが、
音というよりも、力一杯下に叩きつける視覚的効果の方がより強く感じられました。

「お前は既に死んでいる・・・」と死神から死刑宣告を受けたようなインパクトはありました。

でもこの曲の一番嫌なところは、
曲が静かになってやっと終焉を迎えるのかなーと思っていたところに
突然一瞬曲が盛り上がってジャンと鳴る所ですかね。

あれは柴田南男が著書の中で「背後から突然刺される感覚」と書いていましたけど、まさに
その通りですね。
本当に最後の最後で止めを刺されたという感触以外の何者でもありません・・・

音楽は音だけではないのですね。たまにこうした視覚的効果が効果を大いに発揮する曲も
あるものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/8-78f1c731
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |