FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10/26は、全日本吹奏楽コンクールの全国大会のメインともいえる
中学の部・高校の部が開催されます。
台風も過ぎ去ってしまいましたし、何とか無事に二日間の日程が終わるといいですよね。
そして、演奏者も指揮者も
どうか普段通りの演奏を楽しみながらしてほしいものです。

大抵の場合、

地区予選⇒県大会⇒支部大会⇒全国大会というステップを踏みますけど
(県によっては地区予選が開催されず、いきなり県大会という所もあります。
 例/栃木県・山梨県)
支部大会に出れる人なんて、ほんのわずかだし、
ましてや全国大会に出れる人なんて、ホントごく少数・・・
だからこそ全国大会で演奏できる人たちは、
全国に駒を進めなかった多くの人達の思いをしっかりと胸に刻んで
本番に臨んでほしいものです。

現在は、地区予選も大抵の場合、市民ホールとか立派な音楽ホールを利用することが
ほとんどですけど、
私の場合、中学の頃の地区予選何て、
3年間全て中学校の体育館を使用しての演奏でした・・・
体育館だから、当然冷暖房はないし、
異常に音響がワーーンと響くから、
普段の練習時の響きと全然異なるし、残響音はすさまじいしで、
本番一発勝負・ぶっつけ本番のコンクールとしては、
正直条件の悪すぎる会場でしたね。

だけど、本番前のチューニングも
普通の教室を利用したり、
出番直前も、舞台裏ではなくて、
体育館の横で他校の演奏を聴いたり、
閉会式は校庭を使用したりと、
何か今では絶対にありえないコンクール風景でしたね・・・
舞台もかなり狭くて、
パーカッションなんて、ティンパニー・大太鼓・シロフォーンを搬入するだけで
既に手狭という感じでしたし、
ギューギューに詰め込まれた感じで演奏していましたね。

何か全国大会の華やかな舞台もいいし、あこがれますけど、
遠い過去の記憶ですけど、
田舎の中学校の体育館を使用した地区予選コンクールというのも
何かのどかな光景であり、
それはそれで何か妙に懐かしい記憶です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

無茶にも程が。

はぁ~、何という無茶苦茶なコンクール予選(笑)
確かに、今ではあり得ないと思います。
どうやって舞台に入れるんだろうって、メッチャ考えた。
打楽器と木管は、舞台下で金管が上とか?
審査員の先生たちはどこで聴いてるの?
謎は深まるばかりなり~(笑)

台風が過ぎて行ったら、一気に寒くなりました。
仙台はもっと寒いんでしょうね~。
紅葉はもう見れるのかしら?
そんな暇がおありかどうかは疑問ですが…。

お仕事とはいえ、大変ですね。
お気をつけて行ってらして下さい。
それでは…。

セッティングも大変・・・

ま、古い話ですけど、昭和31年の全国大会は大阪府立体育館 翌年の大会は相撲が開催される両国国技館で開催されていますから、田舎の地区予選の中学の体育館というのも許容範囲なのかも・・・(笑)木管も金管も打楽器も全員舞台上で演奏していました。ま、当時の規定ではA部門でも45名以内という制約はありましたけどね。前の演奏団体が終了すると、大体10人程度のスタッフがいちいち舞台上から舞台下まで打楽器をおろし、それから次の演奏団体の打楽器を下から上へえっちらほっちら担ぎ上げていましたから、結構セッティングは大変そうでしたね。審査員は、体育館中央近辺で、折りたたみ机にパイプ椅子という今では信じられないスタイルでほぼ一日審査し、真夏のクーラーもない環境でうちわであおぎながら、ハンカチで汗を拭いながら、地区予選の下手くそな演奏の数々を聴いていましたね。何か気の毒・・・その審査員を囲む形で、演奏を終えた他校の生徒、その父兄、一般聴衆はゴザをひいて座って(ある者は寝そべって)演奏を聴いていました・・・当然この種の地区予選は入場料無料です。何とも昭和のレトロな田舎ののどかな風景な話です・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/796-f735c0e7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |