FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


リムスキー=コルサコフの作曲家としての脂が乗りきっている時期の作品の一つだと
思われます。
というのも、スペイン奇想曲が作品34、シェエラザーとが作品35、そしてこのロシアの復活祭が
作品36ですので、一定の時期に集中して名作が誕生していたのだと
思われます。
作曲家として「絶好調」の時期だったのでしょうね。
リムスキーは、歌劇とか管弦楽曲に優れた作品を残したものの、
交響曲とか協奏曲には、あまりメジャーな作品を残していません。
一度確か読響だったと思うのですが、リムスキーの交響曲第2番「アンタール」を聴いたことが
あるのですが、正直散漫な印象で、
申し訳ないけど二度と聴きたくはないな・・・とも思いました。
だけど管弦楽曲には、上記の三曲以外でも
ムラーダとかサルタン皇帝の物語とか金鶏とか色々優れた作品は多いですよね。

「ロシアの復活祭」は、雰囲気としては、何となく
ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」と似ている面も多々あると思います。
ま、もっともムソルグスキーのはげ山は、作曲者自身の原曲と、死後それを補完・アレンジした
リムスキーの編曲版には、天と地ほどの違いがあり、メロディーは同じだけど
聴いていて印象度はまるで異なります。
だけど、リムスキーが補完した作品だから、そりゃ全体の雰囲気が似てくるのは
むしろ当然なのかな・・・・??

「ロシアの復活祭」は、構成が、序奏+三部構成と言う極めて明瞭で分かり易く、
祈りと華麗さの両方を具備した素晴らしい作品です。
序奏は、ヴァイオリンのカデンツァもまじえて、全体的に荘厳で祈りに満ちた雰囲気の感じです。
第一部は動、第二部は静、そして第三部はコーダ的役割の華麗な動という感じで、
全体的にも、静-動-静-動とコントラストがはっきりしているので
聴いている方もイメージが伝わり易いと思います。
この曲の最大の特徴はどこにあるのかなと思ったら、
自分自身の管楽器奏者としての経験から言うと、極めて珍しい事に、オケの作品としては
極めて異例なのですが、三部の静の部分に、第二トロンボーン奏者による長大で朗々とした
ソロがあるという事だと思います。
普段、第二トロンボーン奏者と言うと、ファーストとバストロに挟まれ、
どちらかというと縁の下の力持ちという地味な役割が多い所なのですが、
この「ロシアの復活祭」ではファースト奏者を押しのけ、自身が長大なソロを吹き続けますので、
これは第二奏者冥利に尽きると思います。
ホント、リムスキー=コルサコフに足を向けて寝られない・・という感じなのかも
しれませんね。

ラストは華麗なお祭り騒ぎですけど、個人的にはグロッケンの色彩ある響きが極めて印象的です。
グロッケンがあんな天国的色彩の音を出せる事にも驚きですけど、さすが
ラヴェルと並んで「オーケストラの魔術師」とも言われたリムスキーらしい
仕事ですね。
ラストのドラの鳴りもかなり豪快・・・

この曲、N響の定期でスヴェトラーノフの演奏で聴いたこともあるけど、
メリハリの効いた素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
だけどその数年後に、まさかの急死でしたので、結構残念でした・・・

こうした曲は、オーマンディー/フィラデルフィアが得意そうな感じもするけど、
このコンビでの演奏は聴いたことがないので、
もしかして未演奏なのかな・・?
(単純に自分が知らないだけかも・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/789-c59d8956
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |