FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇秋田南高校

 Ⅰ/舞楽第二部

 いやー、ホントマジで秋田南らしい演奏で大変素晴らしい演奏でした。
 小林先生が花輪高校から秋田南に赴任し、この年で3年目でしたので、小林先生の個性が
 この頃には既に秋田南サウンドにしっかりと受け継がれていたのだと思います。
 自由曲の黛敏郎の舞楽ですけど、まさかこの曲を吹奏楽にアレンジしてみようと考えた人は一人も
 いなかったと思いますけど、天野正道氏の的確なアレンジと小林先生の個性的な解釈が
 うまくミックスした名演を聴かせてくれました。
 原曲を聴くと作曲者の意図がよく理解できると思うのですけど、
 要は「雅楽」という日本の伝統的音楽を、弦楽器・管楽器・打楽器という西洋楽器でいかに
 表現するのかという難しさ・課題がそこにはあったと思うのですけど、黛氏はそれを簡単に
 克服しただけでなく、西洋と古代の日本の音楽を融合させ、新しい音楽を創り上げるという事まで
 やってのけたと思います。
 同じような発想で作られた音楽が、近衛秀麿呂の「越天楽」だと思います。
 こちらも日本の古い宮廷音楽を西洋楽器でいかに表現するのか、その面白さを世に問うた作品だと
 思いますが、こちらもかなり面白い作品として仕上がっています。
 「越天楽」は、ナクソスレーベルから、沼尻竜典指揮/都響のCDが出ていますので、
 是非一度耳にして欲しい曲&演奏です。
 逆の発想の演奏も世の中にはあります。
 宮廷音楽で使用するような日本の古代楽器でもって、グリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲などを
 収録したCDもかつてはありましたが、
 こちらなんかは、例えば外国人が、日本の伝統芸能である能や歌舞伎を演じた際の「違和感」を
 楽しむといった趣旨のモノなのかもしれません。

 話がそれましたけど、秋田南の「舞楽」の演奏は、
 そうした違和感を楽しむという部類の解釈&演奏ではありません。
 元々が日本の伝統芸能を西洋楽器でどう表現するかという作品であったのに、その西洋楽器を
 更に管楽器と打楽器だけという更に厳しい制約を課したのですけど、
 当日聴いた限りでは、そうした制約の息苦しさとか表現の難しさとか違和感は全く感じず、
 むしろ何か新しい表現方法を教えて貰ったというような感覚で一杯でした。
 全体的には、ミュートを付けたトランペットとフルートの音色が、曲全体に貴重な色彩感を
 もたらしていたと思います。
 ゆっくりした導入から始まり、ゆったりと終わり、バスドラムのズドンというにぶい響きで
 終わらせたのもすごく印象的でした。
 中間からラストにかけてのリズム感たっぷりの追い込みもお見事!!
 面白いのは、高橋先生時代から秋田南は、音の硬さ、特にトランペットの音の硬さが難点でしたけど、
 小林先生になっても、その伝統は変わらず、トランペットの音が硬いという課題もしっかりと受け継がれていた
 事でした・・・

 でも、こんな素晴らしい演奏をしても銀賞なのですよね・・・
 結局審査なんてのは、審査員の好みもあるのでしょうね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/786-445e2bbe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |