FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このブログでは、兼田敏の曲は、以前に
パッサカリアと交響的音頭を取り上げた事がありますので、
今回の「シンフォニックバンドのための序曲」は三回目の登場という事になるかと思います。
この曲は、内容的には非常に地味な曲ですし、
吹奏楽らしい派手な色彩とか響きは皆無です。
終始ゆったりとした内省的な音楽を展開していきます。

最近の吹奏楽曲の派手な響きとか複雑な構成に耳が慣れてしまうと、
「ふん、こんな地味な曲のどこが面白いの・・・」とか言われそうですけど、
その地味な所が良いのだと思います。

出だしはいかにも牧歌的な雰囲気で始まり
オーボエのソロが実にこの「牧歌的な雰囲気」に合っています。
昔のバンドジャーナルを見てみますと、
1970年代に前橋商業を指導し、邦人作品、特に小山清茂の作品を広めた大木隆明先生が
「私が取り上げたい邦人作品」の中で、真っ先にこの兼田敏の「シンフォニックバンドのための序曲」を
あげ、
「当部に上手なオーボエ奏者が入部してきたら、今すぐにでも演奏してみたい曲」と
相当高い評価をしていました。
ゆったりとした出だしから開始され、展開部は唐突にメロディーラインが変わり
音楽が躍動していったかに見えたら、すぐに静かな部分となり、
終始この繰り返しみたいな曲です。
でもこの「ゆったりとした感覚」って何か日本人の心にドンピシャという感じがするというか
日本人にしかわからない感じがするのですよね。
「郷愁」とは違うとは思いますけど、
何か「心のふるさと」みたいに何かなつかしい感じがする曲なんですよね。
終わり方も実にあっさりと終わるのが実にこの曲らしい感じです。

盛り上がる部分もあまり無いし、確かに地味な曲だけど、
ホント、これがいいんですよね。

でもこの曲って、生の演奏は実は二回しか聴いたことがありません。
一度は1982年の東北大会のB部門の須賀川高校
二度目は、年度は忘れたけど都大会のNTT東京でした。
とぢらも悪い演奏ではなかったけど、やはりその地味さが審査員にもアピール度が弱かったのか
良い成績には結びつきませんでした・・・
過去の全国の演奏では、71年のヤマハ浜松と79年の金津中がなかなかの演奏だと
思います。
特に金津中は、課題曲が、アナウンスと指揮者の礼が終わると同時に演奏が開始されるように
非常にせかせかした演奏だったのに、自由曲のこの序曲は、
非常にのんびりとしたゆったりとした響きだったので、その対称さが何か
面白かったです。

兼田敏ってたまに変な曲も書いたりしますけど、
その一つが「シンフォニックバンドのためのファイヴイメージ」かな・・・
この曲、1988年の静岡大学以外聴いたことがないけど、
兼田敏らしい「日本人にしかわからない郷愁」みたいな要素は皆無で、
何かベルクとかシェーンベルクの無調音楽を聴いているような
「つかみどころがない不思議な曲」としか言いようがなく、
今でもこの曲を聴いてみても、何を言いたいのかさっぱり分かりません・・・

反面兼田敏って、エレジーとかバラードとかゆったりとした曲にホント
いいものが多いのですよね。

かねびん先生=パッサカリアというイメージがあるかもしれませんが、
たまにはこうした序曲なんかも、今の若い世代にも
聴いて欲しいなーとも思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/776-7061c77a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |