FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日何気なくEテレを廻してみたら、何か聴いたことがある素敵なメロディーが
聴こえてきました。
「あー、あれだ」とすぐにピンときました。
フォーレ作曲、組曲「ペリアスとメリザント」です。

「ペリアスとメリザント」は、「青い鳥」で有名なメーテルリンクの戯曲なのですけど、
この幻想的な題材は、余程色々な作曲家の創作意欲を書きたてたのでしょう、フォーレ以外にも
シェーンベルク、ドビュッシー、シベリウスが、この戯曲を題材に
作品を残しています。
というか、同じ素材を使用しても、なんでこんなに作風が異なるの・・・と思えるくらい
四者共に、曲の感じは異なります。
ま、正直誰が聴いても、
「フォーレの組曲が一番素敵」という感想になると思いますし、
自分自身もそう思っています。
だけどシェーンベルクの交響詩「ペリアスとメリザント」は、いかにも後日の十二音の無調音楽の元祖
らしい印象を残しながらも
かなり艶っぽい独特な色気を醸し出す独特な雰囲気も
結構好きだったりもします。
だけどシェーンベルクのあの「ペリアスとメリザント」は、評価と好みははっきりと
分かれるでしょうね・・・
事実、初演後には、
「作曲者を精神病院に強制入院させて、二度と作曲のペンを持たせないようにした方が良い」と
酷評も受けていますから・・・

さて、フォーレの組曲「ペリアスとメリザント」ですけど、
終始静かで美しい音楽がゆったりと流れていきます。
正直盛り上がる部分は皆無です。
強いて言うと、第四曲「メリザントの死」で金管楽器が弔いのファンファーレらしきものを
ひそやかに奏でる部分程度くらいです。

この組曲は四曲から構成されています。

Ⅰ.前奏曲

Ⅱ.糸を紡ぐ女

Ⅲ.シチリア舞曲

Ⅳ.メリザントの死

Ⅲのシチリア舞曲(シチリアーナ)が圧倒的に有名で、よくNHKの名曲選にも登場しています。
シチリアーナは、フルートが全体的に大活躍をし、
聴き方によっては、フルートと管弦楽のための舞曲という感じもするほど、
フルート無しでは考えられない曲です。
この出だしのメロディーが、ホント泣けてくるけど、
途中明るくなったり沈んだり、結構微妙に表情が変化するところが聴きところなのかも・・・
Ⅱの糸を紡ぐ女は、オーボエのソロが極めて印象的な曲です。
フルートなどによるせわしい導入部をバックに
このオーボエの牧歌的な音楽は、結構胸を打たれるものがあります。
個人的に一番好きな楽章はもⅠの「前奏曲」です。
曲の内面的葛藤というか、原作の異母兄弟同士の心の葛藤とか
現代でいう所の「不思議系」のメリザントの清楚だけど何か秘密を抱えていそうな雰囲気が
曲の随所に出てきます。

この曲は何回か生の演奏会で聴きましたけど、
一番しっくりきたのは、フルネ指揮の都響でしたね。

フォーレの曲って一番好きなのは「レクイエム」ですけど、
この組曲「ペリアスとメリザント」も魅力尽きない曲です。

私がこの組曲を知ったきっかけは、またまた吹奏楽コンクールネタで恐縮なのですけど、
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会にて
五年連続全国大会金賞を受賞したチームだけが許される六年目の特別演奏(招待演奏)という枠で
弘前南高校が演奏したのが
何とこの組曲「ペリアスとメリザント」なのです。
吹奏楽曲と言うと、派手な色彩と音響というのが売りの中、
こんなオケでも表現が難しい内面的な曲を静かに歌い上げていたので
当時えらい驚いたものであり、
それがこの素晴らしい組曲を知るきっかけとなったのでした。
この弘前南の演奏も相当素晴らしいものであり、
「吹奏楽=やかましい」というイメージを完全に払拭させる内省的な演奏でした。
余談ですけど、この曲だけで終わらせてくれれば良かったのに、
この曲の次に「くまんばちの飛行」を吹奏楽だけの曲芸的な演奏まで披露してしまい、
その脅威のテクニックに聴衆はあっけにとられ、
すっかり「ペリアスとメリザント」の内省的美しさを忘れ果ててしまっていました・・・
そして招待演奏では前例がないアンコールまでかかってしまい、
指揮者の斉藤先生も困った顔をされていましたが、結局「くまんばちの飛行」を再度
演奏していました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

大物が勢ぞろい

こんばんは!
そうですね、このメーテルリンクの戯曲には大物
作曲家がこぞって曲を付けていますね。
ドビュッシーはオペラにしましたけど、シェーンベルクは
そのお陰で交響詩に乗り換えましたよね。(^^)

そして、やっぱりフォーレですね。
シチリアーナはあまりにも有名ですね。
6拍子と付点音符型のメロディ。
この特徴的な舞曲は、バロック期から色んな
作曲家が採用して作品を残していますね。

フォーレの場合は、オーケストラならばハープの
伴奏でフルートが奏でる、というように
仰っている通りフルートの名曲となっています。
和声の彩りの変化が何とも美しい曲ですね。

さすがに、組曲全体の細かいところまで良くご存知ですね。

Re: 大物が勢ぞろい

フォーレとドビュッシーは全然作風が異なりますので、時代的に離れているようにも思われますけど、実は二人は、ほぼ同時代を生きているのですよね。最初この事実を知った時はすごく意外に感じたものです。フォーレの劇付随音楽を、実はドビュッシーは聴いていて、「糸を紡ぐ女」の部分はかなり酷評したらしいです。そのせいか、自身の歌劇には、この部分は丸々カットしていますけどね・・・
だけど意外と二人は交友関係にあり、フォーレに充てたドビュッシーの手紙には「親愛なる先生」という表記がかなりあったそうです。
反面、ドビュッシーの歌劇には、シェーンベルクは相当不満があったらしく、色々な所でこの歌劇の悪口は言ってみたいですね。
同時代の作曲家とその周辺というのは、意外と面白い話がころがっているのかもしれませんよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/775-ef27f4eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |