FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回も書きましたが、
1995年に6年ぶりに山梨から東京都内に戻ってこれました。
年齢的にギリギリ20代という事で、寮に潜り込むことができました。
だけど寮というものはいいですよね。
だって、食事の心配はいらないし、お風呂は入りたい放題だし、
クリーニングも所定のボックスに入れておけば、低料金でやってくれるし・・・
何よりも食費込みで毎月20000円前後というのは助かりましたね。
当時浮いたお金で、CDとか本とか色々好き放題買えたし、
演奏会も毎月5回程度は聴きにいけましたしね・・・
(今では考えられないことだ・・・)

当時、自分が入った寮は、足立区北千住の寮でしたが、
ここは1~2階が銀行の支店、3階から12階が寮でしたけど、
自分が入った部屋は12階の最上階で、
夜景も結構綺麗でした。
もしかして、現在ならばスカイツリーも見れたかも・・・
場所も、日光街道と墨堤通りが交差する角で、駅もJR北千住も、京成千住大橋も
両方利用できるので、大変便利な所でした。

よく足立区って、東京23区の恥部とか、
足立区は東京都内ではないし、ましてや23区ではないとか
東京都内のチベットとか
最低レベルの住民とか色々悪口を耳にすることも多いのですが、
決してそんな事はないと思います。
そりゃ、南花畑方面へ行くと、ほとんど埼玉県八潮市とか草加市と大して変わりが
ないかもしれませんけど、
北千住方面は、静かなお寺があったり、
庶民的なお店が一杯あったり、
美味しい和菓子屋さんが数多くあったり、
住みやすい場所でしたし、何か温かみの感じる素敵な街でしたよ。
特に北千住のイトーヨーカドー近くのラーメン屋は、
当時一杯300円の昔懐かしい中華そばみたいな感じでしたけど、これが絶品!
しかも一皿250円の餃子の美味しい事、おいしい事!!
当時、土日のどちらかは必ずラーメン+餃子を食べにいったものです。
店も相当流行っていて、いつも満席か行列でしたけどね・・・


〇市立柏高校

 Ⅰ/バレンシアの寡婦

 このチームは、ここ数年金賞から遠ざかり、決して悪くはない演奏はするけど、
 全体的な印象が薄いという感じの時代だしたけど、
 (この間の火の鳥・海・ロメジュリは、比較的淡泊な仕上がり・・・)
 この年の柏は、以前の情熱・溌剌さ・洗練さ・楽しさを取り戻したような活気のある
 演奏で、大変好感が持てました。
 特に自由曲のハチャトゥーリアンのバレエ組曲「バレンシアの寡婦」は、かなり珍しい選曲で、
 恐らく全国で演奏されたのは、この年の柏が初めてだったと思いますが、
 「ガイーヌ」を想起させるような民族舞曲的な音楽で、
 歌あり踊りあり、笑いあり、涙あり、大団円ありと
 聴いていて全く飽きがこない演奏でした。
 ラストでトランペットがベルアップしていましたけど、
 中々効果的でした。
 当然の金賞かなと思っていたら、評価は銀賞ですごく意外でした。

〇出雲高校

 Ⅰ/セント・アンソニー・ヴァリエーション

 前にも書いたことがあるけど、この学校は不思議なチームです。
 だって、進学校とはいえ、吹奏楽の名門、出雲第一と第二とか大社中とか島根県の
 上手な学校の生徒さんもかなり多く入部すると思うのですが、
 高校になるととたんに伸び悩むのも何か不思議な気がします。
 この年の自由曲の「セント・アンソニー」は一つ面白い試みがされていました。
 一般的にこの曲は、85年の天理高校の中谷氏アレンジ版を使用し、
 ラストは高らかにコラールを再現するのですが、
 この年の出雲高校は、原典版を使用し、
 ラストは中谷氏編曲版の高らかな讃歌を歌い上げるというのではなく、
 原曲どおり、オルガンの重奏みたいな感じに比較的地味に終わらせ、
 いつもの「セント・アンソニー」とは異なる感じで終わらせていましたので、
 その点では印象的です。
 演奏自体は可もなく不可もない平凡な演奏・・・
 こうした原典版の演奏は、他には、1986年の東北大会の向山高校くらいしか
 聴いたことがありませんけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/771-de88b2df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |