FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1995年と言うと、色々な意味で節目だった年です。
年齢的に30代の大台に突入したという事もありましたし、
当時は、このブログで何度か書いている通り、(現在では破綻した)地方銀行の
営業担当として日々ノルマに追われる日々でしたけど、
時代的に、バブルの「イケイケ時代の過剰融資競争」から方針を180度転換しての
融資金回収と不良債権回収に舵が切り替わり、
当時の営業行員の内、85%程度は、A~Eの五段階評価の内、D評価の業績という
大変厳しい時代でした。
自分自身も1990年~92年の絶好調時代はとうに終焉を迎え、
業績不振・顧客との融資金回収を巡るトラブル続出という
結構シビアな時代でした。

でも考えてみると、当時の自分は20代後半のまだまだハナタレ小僧でしたし、
そんな小僧に、金融機関の凄まじいノルマとか、融資金回収を巡る顧客との交渉なんて
それを命令し押し付ける方が酷だったのではないかと
今にして思うと感じることがあります。

ただ当時は、とにかく仕事が「ストレス」以外の何物でもありませんでした・・・
1990年に山梨に飛ばされ、そこでの顧客と精一杯人間関係を作りながら
お金を借りて貰い、双方ウインウインの関係を築けたのに、
金融機関の方針が変わりましたとの一言で、
その融資金の回収とか焦げ付きを回収する立場になったのですから、
そりゃ、色々と軋轢とストレスは生みますよね・・・
当時の上司も色々と相談してみても、毎回
「そんなのお前の頭で考えろ!」の一言しか言われませんでしたからね・・・

結構悩み多き日々でした・・・

そんな中、「果報は寝て待て」の言葉じゃありませんけど、
当時既に山梨に来て5年以上経過し、一般的に金融機関は3年で別の支店へ異動というのが普通
でしたので、
ついに「辞令」がおり、
山梨を脱出する事が出来たのが、丁度1995年の秋でした。
しかもその辞令が発動されたのが、この全国大会の前日でしたので、
何かこの年の大会を思い出すたびに、当時の状況が蘇ってきます・・・
その意味でも、何か妙に印象的な大会でした。


〇東海大学第四高校

 Ⅰ/スペイン狂詩曲

 これは典型的なプログラム一番の悲劇ですよね・・・
 恐らく北海道大会の演奏とか普段の練習の際は、こうした演奏にはならなかったはずです。
 課題曲Ⅰの出だしは、いきなり高音から始まり、中々難しいものがありますけど、
 やはり音が、普門館の会場を彷徨っている感じでした・・・
 自由曲も、そうですね、一言で言うと
 「音楽が眠っている」感じかな・・・
 確かにスペイン狂詩曲のⅡのマラゲーにゃは、そのだるさが魅力なのだけど、
 Ⅳの祭りも完全にだらけているというか、ノリに欠ける演奏でしたね。
 こういう全国常連チームでも、普門館の朝一番はキツイのかもしれませんよね。
 翌日の中学の部の朝一番の玉川学園も、
 かなりひどい演奏を聴かせてくれていましたけど・・・

〇洛南高校

 Ⅰ/ローマの祭り

 私、この洛南高校のサウンドは結構好きなのですよ。
 というか、洛南はツボに入った時の名演時の演奏と、ツボに入らなかった凡演の落差が
 すごく極端で、その落差が何か面白いと思います。
 ツボに入った演奏は、89年のローマの松、92年のダンスフォラトゥーラ、97年のくじゃく
 2001年のアメリカの騎士あたりかな・・
 逆にツボに入らなかった演奏は、91年のローマの祭り 96年のダフニスとクロエあたりかな・・・
 この年の「ローマの祭り」は二回目の選曲になりますけど、
 残念ながらツボに入らなかった演奏です。
 このチームの特徴は、男子高校らしい豪快さと木管の脆弱さによるサウンドの硬さだと
 思いますが、翌年のダフクロも含めて、その木管の弱さをカバーするため、
 色々とアレンジ面と解釈面で工夫をしているのですが、その工夫がほぼ全て裏目に
 出てしまい、結果的にサウンドがすごーく厚化粧になっているような気がしました。
 例えは悪いのですが、80代くらいの老婆が急に色気づき、
 バタバタと顔中に厚化粧を施したような感覚の音楽です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/762-32f008af
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |