FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


振り返ると1992年の大会は、中学・高校の部とも非常に充実し、
聴いていて楽しかったです。
中学の部は、金・銀・銅の差があまりなく、レベルの均等化が図られた大会とも
感じました。
事実、銅賞はわずか4チームで、その中の都城西中なんて、
「あれ、なんて゛この演奏が銅賞なんだろう・・・これを銅にするなら
 柏原の方がむしろ銅に近いのに・・・」とも感じました。
金と銀の違いなんて、それ程大きな違いは感じられず、
例えば銀賞でも、柳町・上京・宇品・辰口あたりは、金賞と評価されても
当然の演奏であり、
個人的見解ではありますが、
金賞受賞団体でも、袋原・宝梅・原町第二・法田のように
「えー、なんでこの演奏が金賞なの・・・??」という感じの演奏もありました。
要は、金も銀も主観一つで変わるぐらいのもので、大した違いはないというレベルにまで
達したという感じでした。
一方、金賞チームの中には、
習志野第四・小平第六・富士宮第四・関城・出雲第一みたいに
本当に素晴らしい演奏と感動を頂いた演奏もありました。

ま、だけど当時の演奏者と指揮者の皆様には、21年後の未来から敬意を表したいと
思います。


〇辰口

 C/バリの喜び

 この演奏、本当に素晴らしい演奏・・・
 課題曲の比較的シリアスさとはうって変わって
 自由曲の高揚感と躍動感は大変印象的でしたし、特にカンカンの部分は、
 ホント、思わず踊りたくなるような生き生きとした感覚の音楽でした。
 この演奏のどこにマイナスポイントがあるのだろう・・・
 生で聴いた時も、後にCD化されて録音されたものを聴いても、そのポイントは
 自分にはよく分かりませんでした・・・
 そのくらい、審査というのは、人の主観によって変わるという事であり、
 この年の銀賞は、たまたま審査員と演奏者の感覚の違いがわずかに出ただけなのかも
 しれませんよね。

〇伊丹西

 A/スキタイ組曲

 これは、中学生らしい演奏とは全然異なる次元であり、
 中学生に無理やり背伸びをさせた押し付けがましい演奏だったと思います。
 生で聴いていても、無理をさせている「痛々しさ」が伝わってきて、
 全然楽しめませんでした・・
 指揮者の永澤先生は、前任校の伊丹東では、
 79年の課題曲E/朝をたたえて、80年の幻想交響曲、81年のシェエラザード
 84年の海では、中学生らしい爽やかさと指揮者のとてつもないアクの強さがうまく同居した
 個性豊かで感受性豊かな演奏を聴かせてくれていましたけど、
 さすがに「スキタイ組曲」みたいなウルトラ難曲は、中学生には無理があったのでは・・・?
それと最大の問題点は、
 指揮者自身の編曲が非常に悪く、原曲に比べて調性を上げていたのが
 最後まで違和感を感じました・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/751-d41e4fbd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |