FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


なんか前回の続きみたいになってしまいます。

昔小学生の頃、「なんちゃっておじさん」が流行った時期がありました。
やーさん風の怖いお兄さんにからまれたおじさんが、
急にわんわん泣き出し、周囲の視線に困り果てた怖いお兄さんが「おい、止めろよ」と
慌てだすと、おじさんがニッコリ笑って「なーーんちゃって」という類の
ものです。
(これはもはや都市伝説の領域かな・・・?)

でもこの「なんちゃっておじさん」を彷彿とさせる交響曲があるのではないかと
思います。
それが、ショスタコーヴイッチの交響曲第9番だと思うのです。

そろそろ年末も近づき、クラシック業界は、一年で尤も入場料収入を稼げる時期に
なります。
それは言うまでも無く、ベートーヴェンの第9なのですが、
この「第9」には、交響曲にとっては、一つの壁にもなっているようです。
シューベルト・マーラー・ブルックナーなど、交響曲第9番が最後のシンフォニーという人が
多いせいもあるのですが、
(マーラーは大地の歌を素直に交響曲第9番とすれはせ良かったのだし、
 ブルックナーは交響曲第0番を一番とすれば、何も悩む必要は無かったのに・・・)
何か大作曲家の「一つの証し」というジンクスがあるのかもしれません。

ショスタコにしても、交響曲第9番を作曲している頃は、丁度第二次世界大戦がソ連の勝利の
うちに終結し、嫌でも国家的祝典交響曲を書かないと、まずいのではないかという
目に見えないプレッシャーはあったのかもしれません。

初演当時、恐らく聴衆は、ソ連の勝利を祝う大国家的祝典交響曲
(合唱付き? 別働ファンファーレ隊あり? 演奏時間120分?)を予想していたのかもしれません。

それを見事にすっぽかして出来た曲が、この25分程度の軽ーーい交響曲だったのです。

第一楽章のいかにも軽ーいノリやトロンボーンのダメだしみたいな展開
第二・三楽章の可愛らしい展開もいいのですが、
第四楽章の金管の重苦しい導入部から始まるファゴットの悲痛なソロは、
これはこれで聴いていて魅力があるのですが、
第五楽章に入ると、先程まで悲痛なソロを展開していたファゴットが急に
軽ーいノリのメロディーを展開していく構成になっています。

これが本当にまさしく「なんちゃっておじさん」みたいなのです。

ホント、まさに聴いてみると、ほんの寸前までさめざめと泣いていた人が急に
ニッコリして「バーーーカ!!、だまされてんじゃーねーよ!!」とかいって
ケタケタ笑い出すような感覚なのです。

何度聴いても第四から第五楽章への展開は、毎回毎回脱力してしまいます・・・

ショスタコも戦争に疲れ果てて、とても面倒くさくて国家を讃える大交響曲なんて
作曲する気になれなくて、こうした脱力系というか、おもちゃ箱みたいな曲を
思わず書いてしまったのかもしれませんね・・・

この曲は何回か生で聴いた事があるのですが、生で聴いてもこうした印象は
全く同じでした。
個人的には、インパル指揮の東京都交響楽団の演奏が印象に残っています。
同じインパル=都響でも、ショスタコの一番を聴くと、
前回のネタではありませんが「無限の数字」のように
聴こえてしまうのが面白いところです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/75-9d5469a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |