FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


何だか今日はすごく眠い・・・
間違えて睡眠剤でも飲んでしまったみたいな人工的な睡魔が
襲いかかっているみたいです・・・
今週は、休みは週一だし、その休みまでまだ三日もあるから
体が何か拒絶反応でも起こしているのかな・・・?
何か妙に朝からアクビばかりしているような感じでした・・・

こういう眠たい時には、眠くなるような音楽を・・・と思っていたら
真っ先に思いついたのは、
アメリカの作曲家、サミュエル=バーバーのヴァイオリン協奏曲です。
この曲、あまりにも美しすぎて、そして「歩くロマンチック」みたいな曲だから
一見19世紀の音楽のようにも聞こえますが、
実はバーバーは列記とした20世紀の作曲家なのです。

バーバーというと、非常に有名な曲が一つあります。
何かと言うと、
「弦楽のためのアダージョ」です。
この7分程度の弦楽のための美しい音楽は、
1988年に公開された、ベトナム戦争をテーマにした映画「ブラトーン」で
全編で非常に効果的に使用され、
この映画でもって非常に日本でも有名になったといっても過言ではないと
思います。
個人的には、バーバーというと、

〇交響曲第一番

〇管弦楽のためのエッセイ第一番

〇バレエ音楽「メディア」より、メディアの瞑想と復讐の踊り

〇序曲「悪口学校」

〇ノックスヴィル~1915年の夏

という作品が結構好きです。
特に「1915年の夏」は、全編ソプラノソロを伴った抒情的な曲なのですけど、
このノスタルジックな感じは、
大変魅力的です。
一度だけ東京交響楽団の定期で聴きましたけど、
大半の聴衆は爆睡していましたね・・・
だって、この曲黙って聴いていると
「子守唄」にしか聴こえませんから・・・

序曲「悪口学校」は短い曲ながら、バーバーの霊感といたずら心と楽器の使い方の巧みさに
感心させられる曲です。

「メディアの瞑想と復讐の踊り」は、バーバーの曲の中では
一番好きな曲です。
前半のひそやかさ、内省的な音楽も素晴らしいですし、
後半の息が詰まるような迫力ある展開も魅力的です。
前半と後半、これだけ劇的に変化する曲も20世紀においてはかえって珍しく
その鮮やかな変身ぶりに背筋がゾクゾクします。

バーバーは、比較的内面的な曲とか、美しい抒情的な曲を得意にしたようにも
思えますが、
その代表例がやはり「ヴァイオリン協奏曲」かな・・・

この曲、ホントまじでとても20世紀の作風とは思えません。
悪く言うと完全に時代遅れなのですけど、
現代音楽という訳のわからん無調音楽が幅をきかせていた時代だからこそ、こうした純粋に
美しい曲は、かえって20世紀には光り輝くのかもしれません。
同様な事は、

〇ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第二番

〇コルンゴルド/ヴァイオリン協奏曲

にも言えるのかもしれません・・・

バーバーの「ヴァイオリン協奏曲」は、第一楽章の出だしを聴くだけでも価値があると
思います。
冒頭から、ため息ものの美しい音楽が静かに流れていきます。
マジに今日みたいにやたら眠い日は、曲開始から3分以内に恐らく爆睡するような気さえ
します・・・
昔この曲はよーく、竹沢恭子さんのソロで東京交響楽団で
聴きました。
指揮者の秋山和慶さんは、この曲が大好きなせいか、よーくこの曲は
取り上げていましたね。

第一と第二楽章は非常に静かで内省的な音楽なのですけど、
この曲が更にユニークなのは、第三楽章は、3分程度であっという間に
終わってしまうのですけど、
第一・第二楽章とは全く対照的に、終始せわしく落ち着きなくあっという間に
駆け抜けていきます。
何となく、リムスキーの「熊蜂の飛行」みたいにハチがブンブン飛び交うような雰囲気の
音楽です。
第一~第二楽章と第三楽章が全く正反対ですし、
そのギャップがこの協奏曲を聴く一つの醍醐味なのかもしれませんよね。

あーーあ、それにしても眠い・・・

土曜も仕事だから、この曲をBGMにして早く寝ちゃおう・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/742-f24c1e3c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |