FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ショスタコーヴィッチの交響曲第10番は結構好きな曲です。

だけど、曲自体は長くて陰気な曲で、決して楽しく聴けるタイプの音楽では
ありません。全体的に重苦しく閉塞感の強い曲だと思います。

ショスタコは、第二次世界大戦終結後に作曲された交響曲第9番が、世間や
当時のソ連の指導者スターリンの「戦いに勝利した歓喜の交響曲」という期待を見事に
裏切り、比較的軽いノリの曲だった為、スターリン達の逆鱗に触れてしまいます。
(私自身は、この交響曲第9番は、大好きな曲です。全体を通して、おもちゃ箱をひっくり返した
 ような聴き所満載の曲です。特にファゴットの悲壮なソロから一転して、「なーーんちゃって」
 とアッカンベーするような第五楽章への転換部分は、気分爽快です・・)

その結果なのかどうかは分かりませんが、ショスタコ自身は、スターリンが死亡するまで
約8年間、交響曲の筆を断絶し、スターリンが死亡したと同時に、この謎めいた交響曲第10番を
発表するのです。

でもこの曲明らかにバランスが悪い・・・

というか、重苦しくて陰鬱な第一楽章が長過ぎるからそう感じるのかもしれません。
そして、逆に第一楽章とは対照的に明らかに短すぎる第二楽章・・
作曲者自身の言葉では、この楽章は「スターリンの肖像」と記されていますが、
暴力的で粗暴な曲の雰囲気は、確かにそうなのかもしれません。
そして、第三楽章は、一番謎めいています。
何となく、脱力めいた部分もあります。
曲が盛り上がってくると、ホルンのファンファーレみたいなメロディーの断片が
それを遮るという感じで、
何かこの楽章を聴くと、疲れる反面、ヒザカックンを唐突にくらったみたいな
脱力感があります。

第四楽章がこれまた面白い。

悲壮感漂う前半に対して、クラリネットのソロ以降の展開部では、幸福感さえ感じる
疾風のアレグロとなります。
それにしてもこの楽章のラスト10小節前辺りのティンパニーのソロは格好いいですね。
奏者冥利に尽きるでしょう・・・
それにしても第四楽章前半のオーボエとかファゴットの不安・寂寥感漂うソロに象徴される
寂しさは独特の雰囲気がありますね。
だからこそ後半が生きてくるのかも・・・

でも全体を眺めてみると、第一楽章の重苦しさが印象に残りすぎ、
第四楽章後半のアレグロだけでは、何の解決にもならないという
印象は残ってしまいます・・・
(これは、生で聴いてもほぼ同じような印象でした)

結局、この曲でショスタコは何を言いたかったのでしょう?

本来「人の死」というものは、悲しいもののはず。
だけど、この国(旧、ソ連)では、指導者スターリンが死なない限り
国民全体の開放感や幸福は訪れない・・・
そうした矛盾を皮肉を込めて作曲したのかもしれません。

といってもショスタコ自身も交響曲第13番・第4番に対して、11番~12番という御用作曲家という
面もあり、内在した矛盾を抱え込んでいるのかもしれません。
だけど、人間自体が、その感情が一定しないというか、その時の心情によって変容し、
ある時は「スターリンや国を発揚させる曲を書いてみよう。自分も国家の一員として
貢献したい」という気持ちもあったかもしれませんし、逆に「スターリンのタコ!!少しは
自分にも自由に作曲できる場を与えて欲しい。てめーなんか死んでしまえ」と思う場面も
あったのかもしれません。

この交響曲第10番は、「雪解け」という小説にも登場するそうです。
この曲をラジオで聴いた小説の主人公が、
「数字だ・・・無限の数字だ」とつぶやくシーンがあるそうですが、
この曲のどこに数字を感じる所があるのでしょうかね・・・

やはり人によって感じ方は様々なのですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/74-2385efb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |