FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回テレビ東京で再放送中の「絶対防衛レヴィアタン」が第13話の最終回を待たずに
第12話で放映終了かも・・・?
とか書きましたけど、
あれは単にテレビ週間表の掲載ミスだつたみたいで、
9/29に予定通り最終回が放映されますので
まずは良かったです。

だけど、10月からレヴィアタンが見られないと思うと少し寂しいかも・・・
最近私のツボにはまっていた「私がモテないのはどう考えてもお前たちが悪い」も
ついに9/23に最終回を迎えてしまいましたからね・・・






今回の放映は再放送なのですけど、
4月~6月の放映では無かった次回予告篇とミニ焚き火劇場が
再放送で追加サービスされたのは中々心憎い演出ですよね。
番外編という感じなのですけど、本編では絶対に喋らないような感じのセリフが炸裂で
特にレヴィアタンの軽い妄想めいた発言が中々楽しかったです。
でもあれを見てしまうと、妖精シロップって一体何歳なのだろう?ともふと感じてしまいます。
確かにレヴィアタンが言うように何十万歳という感じすら漂います・・・

最終回直前にて
バハムートの出生の秘密が明らかになり、実は父親との血の繋がりはなかったという
衝撃の事実が発覚する重たい回ではあるのですけど、
普段はわがまま一杯のお嬢様系のバハムートが気弱になり、
「父親の本当の子供ではなく、これではお嬢様としてわがまま一杯振る舞ってきた自分の
 本当の意義って何だろう」と
逆に成長のきっかけとなるところが今回のミソ・・・

それがあの感動的な最終回での一つの伏線にもなるのですけどね・・・

それにしても、
このアニメ、非常にバランスが取れている。
知的でおとなしいレヴィアタンに、わがままで後ろ向き発想のバハムート
そして多少頭は悪いけど、心優しき力持ちのヨルグンガンド・・・
初期の頃と比べると3人の成長には心踊るものがありましたよね。
やはり三か月程度の放映だから、成長の速度も早くせざるを得ないのかも・・・
その辺りが一年かけてメンバーの成長が図れるプリキュアシリーズとの違いなのかも
しれませんよね。

それにしてもレヴィアタンの「憂い」がホント魅力的・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/737-93ca8d8d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |